[ルポ]ソウルの超高級住宅街で横行する高所得者の不法駐車(ハンギョレ)
 漢江(ハンガン)のほとりにあるソウル龍山(ヨンサン)区漢南(ハンナム)洞の高級住宅地は「国連ヴィレッジ」と呼ばれる。政財界の要人や芸能人が多く暮らしている。しかし、この地域の狭い路地の片側は外車などの高級乗用車100台余が常に占めている。あたかも「居住者優先駐車区域」であるかのように、白ペイントが引かれた線内に駐車しているが、これは龍山区庁ではなく住民が勝手に描いたものだ。

 国連ヴィレッジ一帯にはこのような形で一日平均130〜150台の車両が不法駐停車をしている。 このうち30%程度はポルシェ、ベンツ、BMWなどの高価格外車だ。ある住民の場合は自宅の番地を駐車区域に書き入れていた。 今年初めにはここにあるチョン・モング現代自動車グループ会長邸の前の路地にも白線が引かれ無断駐車が行われているというマスコミ報道がされ、白線が消された。 (中略)

 付近の住民たちは、各自駐車場があるのに、なぜ道路に白線を引いて車を駐車するのか理解できないと話した。 住民のパクさん(47)は「屋敷の中に広い駐車場があるのに決まって車を外に停めている」と不満を語った。 ここで暮らすヨーロッパのある外交官(50)は、「車がこんなふうに外に停められているので道が混む時もある。 自分の家に駐車場があるのに外に車を駐車するとは極めて愚かな行為だ」と話した。二人の娘を持つ住民イ・ドヨンさん(40)は、「歩道が殆どないのに、車が猛スピードで走るので、子供たちはもちろん老人たちにも危険な時がある」と話した。
(引用ここまで)

 韓国の最高級住宅街に住んでいるとなったらもうどんだけお金持ちなのか、ちょっと日本の常識から外れたレベルなのです。
 でも、どれだけお金があっても駐車場代わりに使えるところがあるのならそこを使おうと。
 そこで勝手に道路に白線を引いて駐車場にしてみました。

 これこそまさに「ザ・コリアン」というヤツです。
 ソウルの商業地とかはともかく、住宅街に入るとこんな感じ。



 ここはどこだったっけかなー。たしか石塔を見に行った利川だったはずです。
 道路の両側、消失点までずーっと果てしなく路駐。
 この画像がこれといって珍しくない風景なのは実際に韓国に行ってみれば分かります。

 それにしてもヒュンダイ自動車の会長は、個人のメモリアルタワーとなる自社ビルを建てるための土地に1兆円ほど払うことはできても、駐車場代を払うことはできないのですね。
 お金持ちなのにケチ、なのではなくケチだからこそお金持ちなのかもしれませんが。

アグリー・ベティ シーズン1 コンパクト BOX [DVD]
アメリカ・フェレーラ
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2011-10-19