韓国副首相「来年の経済成長率、3.3%を回復の見通し」(中央日報)
  ↓
LG経済研究院「今年の韓国経済成長率2.6%…来年も2%台持続」(中央日報)
韓国の崔ギョン煥(チェ・ギョンファン)経済副首相兼企画財政部長官は、来年の経済成長率が3.3%を回復すると予想した。

崔副首相は15日、国会企画財政委員会国政監査で「今年下半期に入って景気が回復サイクルを示している」と明らかにした。
(引用ここまで)
      ↓
来年の韓国の経済成長率は2.7%にとどまるという見通しが出てきた。

LG経済研究院は15日、報告書「2016年の経済展望」で、輸出不振が続き消費の回復も難しいため、来年の韓国経済成長率は今年とほぼ同じ水準になると展望した。LG経済研究院の今年の韓国の成長率予想値は2.6%だ。

今年は中東呼吸器症候群(MERS)の衝撃にともなう基底効果が来年に現れるという点を勘案すれば、実質的な成長活力はさらに低くなると同院は説明した。
(引用ここまで)

 なんという様式美。
 ま、時系列的にはLGの発表の後に、韓国政府の発表があったようなのですけどね。

 去年の段階で野村金融だけが「来年(つまり今年)の韓国の成長率は2.5%」という予測をしていたのですよ。
 その時は「いくらなんでもそれは低すぎないかなぁ。セウォル号事故みたいなハプニングがあればまた別だけど」とか思っていたのですよね。「悪くても2%台後半だろ」くらいに思っていましたね。
 でも、実際の成長率は2.5%前後で収まりそう。
 ちなみに韓国銀行の当初予測は4.2%でした

 これは野村金融が「韓国はそういう類の事故で経済成長が低くなる傾向にある」ということを織りこんでいたのかもしれません。 
 3.3%なぁ……。なにもなければ2%台後半、なんかあれば2%台前半ってところなんじゃないかなぁ。
 アメリカはそこそこ好景気のようですが、それ以外がどうにもならない状況で外需しかない韓国がそんなに成長できるもんなんでしょうかね。

無理(上)
奥田 英朗
文藝春秋
2012-09-20