【社説】世界最悪と言われ続ける韓国の労働組合(朝鮮日報)
【社説】「韓国は高コスト国」という外国人投資企業CEOの指摘(中央日報)
 17日に韓国経済研究院がソウルの全経連会館に外資系企業の最高経営責任者(CEO)らを招いて開いた特別座談会「外国企業CEOが見た韓国の労働市場」で、韓国GMのセルジオ・ホシャ社長は「GMは全世界30カ国に工場を保有しているが、毎年賃金交渉をしなければならないのは韓国だけだ。そのためCEOはその仕事に2−3カ月は時間を取られる。また、ここ5年間に(韓国で)人件費上昇率が50%を上回った」と語った。さらに昨年は、労働組合員が野球のバットを持ってオフィスに乱入したケースもあったという。このように韓国では労働組合が非常に過激なため、外国企業は韓国を避け、すでに韓国国内の工場をわざわざ海外に移すケースも増えている。この傾向は韓国企業でも見られ、現代・起亜自動車は2002年に韓国での生産台数と海外での生産台数の割合が95対5だったが、今は45対55へと海外生産の割合が大きく増えている。 (中略)

 現代重工業の労働組合は来月18日、国際サッカー連盟(FIFA)の本部があるスイスに4人の組合員を派遣する計画とのことだ。 (中略)

今回の労働組合の行動は、全世界に「韓国に投資すると労働組合のせいで全てが台無しになる恐れがある」と宣伝して回っているようなものだ。

 大手企業で労働組合が会社側を脅迫すれば、一時的に何らかの利益を得ることは当然あり得るだろう。しかし、このような現場を目の当たりにした外国企業が韓国への投資を避け、また韓国企業まで海外に出ていくようになれば、労働組合員たちの息子や娘たちが働く場は間違いなく閉ざされてしまうだろう。
(引用ここまで)
韓国はグローバル企業の経営環境で高コスト国に分類されているという。セルジオ・ロシャ韓国GM社長が昨日、韓国経済研究院が開いた外国企業CEO座談会で明らかにした内容だ。極めて当然の結果だ。硬直した労働市場、とんでもない規制、政界の横暴など、企業をめぐるすべての生態系が企業を束縛してコストを高める。韓国でビジネスをするというは外国人CEOには苦役かもしれない。

何よりも労組による高コスト構造が深刻だ。韓国GMは労使交渉妥結のために5年間に人件費を50%も上げたという。生産コストが2002年比で2.39倍も上がり、同じ期間の消費者物価上昇幅1.4倍の倍に近い。しかし車1台を生産するのに平均26.4時間かかり、米国GMの23.4時間より劣る。コストは多い。労働生産性が事実上、世界最下位という統計もある。経済協力開発機構(OECD)34加盟国のうち6番目に解雇が難しい国に分類されている。韓国の労組による硬直的労働市場の解決策はこじれている。韓国投資を減らして対中国投資を増やす外国企業が増える理由だ。
(引用ここまで)
 太字部分ですが、まあ大丈夫でしょ。
 だって韓国GM、キア、ヒュンダイの労働組合員に関しては息子や娘に対しては就職保証がありますからね。現代の両班が、まさに両班らしく世襲制度になっているのですよ。
 ヒュンダイ自動車が韓国から工場を完全破棄しないかぎり、世襲は継続されるのですよ。
 そうやって立ち腐れていくのですけどね。シロアリや癌細胞みたいなもので、本体を喰らい尽くして絶滅するのです。

 もう、それでいいんでしょう。
 未来の繁栄よりも、いまの小銭。まあ、自動車会社の正規工であれば小銭どころじゃなくて1000万円クラスの大両班ですけども。
 「韓国の未来」とか「地域の繁栄」とか、そんなのどうでもいいのですよ。
 どうでもいいからこそFIFA会長選の落選運動もできるし、海外工場に労働争議の輸出もできる。

 自分たちの取り分さえ確保できればあとはどうでもいいのです。
 自由主義国家で労働争議がひどすぎて自国産業が消滅するなんてのは、構造として面白いじゃないですか。
 どこまで行くのか、ちょっと見続けていたいくらいのものですよね。

サンヨン自動車=双竜自動車のことですね