『スキージャンプ台地下鉄』の仁川2号線に安全問題はないのか?(YTN/韓国語)
ローラーコースターのようにくらっとする地下鉄が最近話題を集めています。
来年に開通される仁川地下鉄2号線は安全であるとはされていますが、なぜこのような建設になったのでしょうか?
レポートはサンスン記者です。

[記事]
仁川西欧ゴンチョン交差点で黔丹方向の道路です。
巨大な構造物が空高く湧き上がっています。
驚くべきことに、地下鉄が通っている鉄道です。


「スキージャンプ台」と同じくらいが険しく見えます。

[チョ・ジュンホ、仁川市西ギョンソドン]
「見るたびに傾斜が高すぎてジェットコースターを作ったのかと思ってしまいます」

来年7月に開通予定の仁川地下鉄2号線です。
問題の区間は、黔丹方向で京仁アラ航路を越えて再び地下に入る部分です。

しかしながら仁川市は、安全上の問題は全くないと強調しています。

[キム・ジョンホ、仁川市都市鉄道建設本部長]
「本の道は下向きに2.5%勾配(傾き)があり、レールは上向きに5.6%勾配があるので見る角度によっては両方があわさった8%の傾斜に見えることが言えます。」

済州島の「おばけ道」のような錯視現象に過ぎないという話です。
実際に鉄道を横から見ると、一般的な道路と同様の3度の傾斜を確認することができます。
しかし、不安に見えるのは仕方ありません。

[ジョンヤンフイ、仁川市西区延喜洞]
「あまりに上がっているので危険ではないかという心配がちょっとあります」

それでも、このような異常な設計が出てきたのは京仁運河をまたがなければならなかったためです。
5千トン級の貨物船が通うことができるよう、通常の橋脚よりも1.5倍以上の高さで建設する必要があったのです。
川底トンネルを建設すれば問題がなかったのでしょうが、建設費が3倍近く増えるために当初から検討対象から除外されました。

仁川市はこの区間を通るときは、安全のために地下鉄速度を時速80kmで45kmに下げる予定です。
しかし、ネチズンたちは地下鉄2号線を「ジェットコースター」や「魔界の地下鉄」というニックネームまでつけ」期待半分心配半分」の視線で見ています。

YTNサンスンです。
(引用ここまで)

 モバイルだとYouTubeのほうが見やすいかもしれないですね。



 クリップした静止画もどうぞ。

inchon2_01
inchon2_02
inchon2_03

 破壊力高いなぁ……。
 これでノウハウを積んで、スキージャンプ台の改修に役立てようってことでしょうかね。
 きっとそうでしょうね。

銀河鉄道999 [Blu-ray]
野沢雅子
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2009-09-09