"光復節独島行こうとしていた独島する、プロペラ故障"(亜州経済)
韓国海軍が光復 70周年を迎え独島海上に独島艦を浮かべようとしたものの、キャンセルされた。 原因はプロペラ故障であった。

20日にあった国会国防委所属の新政治民主連合キム・ゴンジン議員の説明によれば海軍は光復 70周年を記念して独島の象徴性を高めるために韓国海軍が所有する最大の輸送艦である独島艦を独島海上に投入する計画であった。 しかしイベントまで残り5日という時点でプロペラに問題が発生し、修理が試みられたものの、最終的にキャンセルとなった。 代わりに天王峰が独島海上に出発した。
(引用ここまで)

 なんですかね、これは。
 以前も「独島マラソンで韓国領土であることを世界に周知させる」って言ってた大学生が、そのイベント中にトラックにはねられて死ぬという事故がありました。
 かと思えば、「軍艦島でデモをするぞ!」って来日した連中が乗りこんだ観光船がエンジントラブルを起こしたなんてこともありましたね。
 「そういうこと」ってあるんだよなぁ……って思いました。

 ま、この場合は韓国軍にあるいつもの整備不足が原因ですけどね。
 設計で冗長性をあるていどは確保していても、現場でケンチャナヨ運用がされているのでしかたがないのです。