ムーディーズ、フィッチに続いてS&Pも格上げ…韓国の格付け歴代最高「AA−」(中央日報)
国際格付け機関スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が15日、韓国の国債を「A+」から「AA−」に1段階格上げした。「AA−」は国債の格付けで4番目に高く、韓国がS&Pから受けた過去最高の格付けと同じ。S&Pは1995年5月から97年10月まで韓国の国債の格付けを「AA−」としていた。しかし97年12月に通貨危機を迎え、投資非適格の「B+」へと10段階も格下げした。「AA−」を回復するのに18年かかった。

S&Pはこの日の発表文で、「韓国は今後3−5年間、他の先進国より高い成長率を維持する見込み」と格上げの背景を説明した。良好な財政と対外健全性も格上げの理由だった。この日、北朝鮮が長距離ロケットを試験発射すると予告したが、S&Pの格上げには影響を及ぼさなかった。

これを受け、韓国の国債の格付けはS&P、ムーディーズ、フィッチの3大格付け機関ともに「AA−」(ムーディーズ基準では「Aa3」)となった。主要20カ国・地域(G20)のうち3大格付け機関の格付けが「AA−」以上の国は韓国・米国・ドイツ・カナダ・豪州・英国・フランス・サウジアラビアの8カ国だけ。

企画財政部は「今回のS&Pの格上げで韓日中3カ国のうち韓国の平均格付けが最も高くなった」と述べた。日本はS&Pの格付けで韓国と同じだが(「AA−」)、今後格下げの可能性があるという意味の「ネガティブ」としている。韓国の格付け見通しは「ステイブル(安定的)」だ。日本の国債に対し、フィッチは韓国より2段階低い「A」とし、ムーディーズは韓国より1段階低い格付けをしている。中国の場合、S&Pとムーディーズの格付けは韓国と同じだが、フィッチでは韓国が中国より1段階高い。
(引用ここまで)

 実は韓国政府の負債比率というのはそれほど高くない。
 韓国のGDPが1500兆ウォンくらいで、地方も含めた公的負債がちょうどそのくらいで対GDP比100%。国家負債だけだと1000兆ウォンちょっとくらい。
 というのは、IMF管理下に置かれてからこっち、韓国政府は負債恐怖症とでもいうべき状況であまり国家負債を増やしてこなかったのです。

 たとえ孤児を輸出することになっても高齢層の自殺率が世界一になろうとも福祉予算を圧縮してきたのは伊達ではないってことですね。
 公社負債を国家負債の統計に組み入れてこなかった(そして最近になってIMFに叱られてしぶしぶ組み入れた)のも、その影響ではないかと思われます。

 なのでまだまだ国債発行余地はあるのですよね。
 その数字だけ見れば健全に見えるのです。なので、現状を評価する格付けがこういう動きに出てもまったく不思議はありません。

 未来はまた別、なのですが。
 ここ数年は税収不足で毎年、政府が財政の崖に乗っている状況。「ワニの口」が静かに開きはじめたばかりなのですよ。

この本が面白そうなので個人的にメモ。