「食の韓流」失速浮き彫り、対日輸出戦略見直しを(朝鮮日報)
 今月14日、東京都新宿区のコリアタウンにある韓国食品スーパー「韓国広場」を訪れた。面積約500平方メートルの店内にはさまざまな農産物、韓国産牛肉、のり、即席麺などが整然と陳列されていた。しかし、売り場の壁際を埋めたキムチ売り場は閑散としていた。日本人客はキムチを手に取っては戻し、なかなか買い物かごに入れようとはしなかった。

 韓国料理の材料を買うために東京都西東京市から1時間かけて来たというイイズカハルミさん(53)は「13年前にドラマ『冬のソナタ』にはまり、韓国料理を食べ始めた。最近はカムジャタン、ユッケジャン、ソルロンタンなどを家で作って食べるが、もっと多彩な食材が入ってくるとうれしい」と話した。

 韓国の食品輸出メーカーは、日本の消費者の嗜好変化に付いていけず、同時に日本の食品メーカーが日本国内の韓国食品市場を攻略し始め、キムチ、マッコリ(韓国式濁り酒)などこれまでの対日輸出売れ筋商品が苦戦している。

 韓国農林畜産食品部(省に相当)によると、今年1−8月の対日食品輸出は7億8300万ドルで、前年同期比10.9%減少した。今年上半期の円安進行で韓国食品を輸出しても日本市場で採算が合わなくなったことが大きい。今年1−8月のウォン・円相場は平均100円=921.3円で、前年よりも9.5%ウォン高が進み、輸出に影響を与えた。

 しかし、もっと大きな問題は日本への食品輸出量自体が13.1%減少し、韓国食品のシェアが縮小している点だ。特にキムチ、マッコリなど伝統食品は日本メーカーに押され苦戦している。1−8月のキムチ、マッコリの輸出量は前年同期をそれぞれ14.4%、21.4%下回り、金額ベースではそれぞれ24.0%、31.2%減少した。

 農林畜産食品部のキム・ヘヨン輸出振興課長は「現地の市場調査を行うと、円安が原因ではなく、根本的な競争力で日本メーカーに押されているのが目立つ」と指摘した。

 例えば、日本のキムチ業界は日本人の好みに合った「マヨネーズキムチ」「臭わないキムチ」などの新製品を発売し、大々的なテレビ広告で急速に市場に食い込んでいる。昨年は日本国内のキムチ供給量の89.9%を日本メーカーが生産し、輸入は韓国産(7.8%)、中国産(2.3%)にすぎなかった。日本で健康食ブームが広まり、漬物市場全体が縮小していることも無視できない。(中略)

 日本の主婦は韓国の食文化が日本で成功を収めるには、食材の多様化に加え、積極的な現地化戦略でアレンジ料理を開発すべきだと助言する。アビコマユミさん(42)は「最近日本でもテレビ番組で料理人が作る料理を家庭で作るのが人気だ。韓国産魚介類がもっと出回れば、家庭料理に便利だ」と話した。娘のクルミさん(26)とマッコリを飲むというトスリカコさん(50)は「最近日本ではブルーベリーが人気だ。それを使ったマッコリを開発してみてはどうか」と提案した。
(引用ここまで)

 新大久保の韓国スーパーで手に取らないという時点でお察し。
 そもそも、円安や競争力の問題じゃないのですよ。
 「韓国という存在そのもの」が嫌われているのです。

 だから戦略を見直しても無駄。
 対消費者の印象が最悪なのですよ。もはや、「韓国料理」を前面に押し出すことが無理。
 まだ日本人総体の韓国への印象がそれほど悪くなかった2010年ですら「うどんか韓国料理なら普遍的な鉄則でコリアだ」なんて言ったら苦笑されたのに、韓国への印象が過去最悪レベルになっている現状で消費者が韓国製品を買ってくれると考えるほうが間違っている。
 やるんだったら、農産品をファミレスとかに売るくらいかなぁ……。

 なぜか韓国人は「我々が日本人を嫌うのは理由があるからいいが、日本人が韓国人を嫌うのは許せない」という考えが根底にあるのですよね。
 韓国人は上位に存在し、日本人は下位の存在であるという儒教的観点があるからなのですが。
 そういう観点だから自分を嫌っている人間を好きになる理由なんてないということが分からないのでしょうね。
 だからこそ、「戦略を見直せば買ってもらえる」みたいな記事になるのです。
 もはや、日本人は根本的に韓国人を嫌っていることに気がついたほうがいいですわ。