【寄稿】韓国外交、米中間で「二兎」を追うな(朝鮮日報)
 朴槿恵(パク・クンヘ)大統領が中国での戦勝節の閲兵式に参加したのは、韓国外交の全防衛的拡散という言葉で説明することができるだろう。外交というもの自体が拡散を意味しており、あちらこちらに進出することをいうためだ。だからといって、原則もなしにやたらと進出することが外交かといえばそうではないだろう。一本の原則を打ち立て、それに合わせて合目的的に進出するのが外交「戦略」だ。

 韓国の外交原則に該当するのはもちろんのこと、韓国と米国の間にあるような自由、民主、人権、市場価値といった同盟だ。そしてこの原則を貫きながら、韓国とは違う価値観を有する中国のような国とも互恵的な関係を築いていかなければならない。これが韓国外交の優先順位といえるだろう。ここに混線があってはならないのだ。

 こうした基準から見た場合、今回中国で行われた戦勝節の閲兵式は価値的には韓国が抱き込むには無理のある行事だった。それは毛沢東の「第3世界の革命論」と伝統的中華主義を適当に取り込んだ新版「中原帝国」の軍事的「力による一大デモ」だったからだ。分列行進に参加した海外10カ国のうち大多数は、反自由主義で権威主義政権だった。このうちの一国という立場でこれに参加するのは非常に場違いで、後味の悪さだけが残る羽目となった。(中略)

 現状では、尹炳世(ユン・ビョンセ)外務長官がいくら「米国と中国から同時にラブコールを受ける祝福」を豪語するとしても、われわれに戻ってくるものは天安門の望楼に上り、中国の習近平国家主席の次の次の席に座る「ぜいたく」にふけるのが全てかもしれない。 (中略)

「中国と統一をめぐる議論を交わす」と言った朴槿恵大統領の言葉も、中国側の言葉を聞いてみなければ実態は分からない。その一方で、友邦各国は韓国がどこに向かおうとしているのか今更ながらに見守らなければならなくなった。(中略)

中国とは完璧な友人関係を築くのは困難な上、これまでの友人とはよそよそしくなり、韓国は「二兎を追う者は一兎をも得ず」ということわざが示す状況に陥りかねない。

 こうした状況から逃れるためには「最もしっかりしているもの」をつかむのが最高の策だ。それは伝統的同盟関係を今後とも押し固めることだ。韓中の対等な親善も、こうした「てこ入れ」があってこそ力を得ることができるというものだ。
(引用ここまで)

 このコラムが現在の韓国の保守派の主流たる考えかただと思います。
 簡単に要約すると「中国と一緒になって北との統一を行う」っていうパク・クネの発言にかなりの危機感を抱いていることが分かります。
 で、さかんに「韓国の外交は米韓関係を幹とすべきだ」という話をしているのです。

 でもまぁ、そういう話が出れば出るだけパク・クネは頑なになるでしょうね。
 だからといって、声を挙げなければ現状のまま中国傾倒が進むという。あと2年ちょいを涙目になりながら見過ごすだけ……ですかね。
 ちなみに現状の次期大統領候補と目されている人物の中で、もっとも支持率が高いのがパン・ギムンだったりするのですよね。
 もうすでにパク・クネと一緒になって習近平の靴を舐めまくっていたのでした。

 賽を転がしてどんな目が出たところで、中国傾倒は止まらないってことですね。どの面にも「中国傾倒」って書かれているとういオチでした。