【コラム】クムホタイヤが韓国を去る日(朝鮮日報)
 「CEO(最高経営責任者)が年に2−3か月も労働組合との賃金交渉にかかりっきりになる状況で、経営に専念できるわけがない」(セルジオ・ホシャ韓国GM社長)

 「率直に言って、今米国の企業が中国ではなく韓国に投資する理由はない」(エイミー・ジャクソン駐韓米国商工会議所代表)

 今月17日に韓国経済研究院の主催で行われた座談会で、韓国に進出している外資系企業のCEOからはこうした「本音」が相次いだ。ホシャ社長は「GMインド工場では人件費などを含めた生産コストは韓国の半分程度だ」として「最近は市場がグローバル化しているにもかかわらず、韓国の労働者たちは他国の労働者との競争が避けられないという事実を忘れているようだ」と指摘した。

 年収6000万−9000万ウォン(約600万−900万円)という高賃金の職場で今年何が起きているかを見れば、こうした指摘が的を射ていることが分かる。35日間にわたりストライキを繰り広げ、次期執行部の選出のために今月20日に一時的にストを中止した錦湖タイヤがその代表例だ。昨年、社員1人当たりの給料が6200万ウォン(約617万円)だった同社は、ここ3年間で売り上げが18%減少したにもかかわらず、給料は逆に17%増えている。今年の上半期も売り上げは前年同期比12%減、営業利益は半減した。それでも労組は「賃金と業務手当をもっと上げろ」と訴えてストを繰り広げ、これまでに1300億ウォン(約130億円)以上の売上損失を計上した。年収9000万ウォンを超える現代・起亜自動車もそろって賃上げを要求し、ストを決議した。

 韓国企業各社の業績低迷と営業利益の減少は5年以上も続いている。それにもかかわらず、強硬路線を貫く労組のせいで「各種負担が増えながらも生産性は足踏み状態」という状況が続けば、韓国の主力企業の海外への移転は火を見るよりも明らかだ。(中略)

 グローバル経済時代を迎え、大手メーカー各社は生産コストが安くて業務を立ち上げやすい地域に徐々に移転し始めている。こうした現象が起きるのは当然の流れだ。クムホタイヤも韓国国内に3カ所、中国・ベトナムなど海外には5カ所に工場がある。賃金水準が相対的に高い韓国国内の工場が生き残るためには、より高い生産性と高品質の双方を兼ね備えなければならない。これとは正反対に毎年の恒例行事のごとくストを繰り広げるのであれば、生き残れる企業はない。

 企業は地域社会の経済的基盤であり、住民たちの生活の場そのものでもある。光州商工会議所はクムホタイヤの長期ストに関し、20日に声明を発表し「強硬労組のイメージが対外的に広まり、今後の企業誘致に大きな支障を来すだろう」と訴えた。クムホタイヤが韓国の生産拠点を閉鎖して韓国を去る日が近い将来訪れるということを、労組だけが知らないでいるような気がして歯がゆい思いだ。
(引用ここまで)

 ひとつ前のエントリで「バフェットは韓国国内の工場が減っていくと考えているのかも」と書きましたが、その大きな原因がコレ。
 まあ、以前から言っていることではあるのですが。
 クムホタイヤに限った話ではないのですよ。

 韓国人としては破格の高給をもらうだけもらっておいて、生産効率は中国工場の半分以下。
 給料の額を考慮してみたら、作業員ひとりあたりの生産能力は1/10以下というヒュンダイの韓国工場
 そんなものに貴重な現金を投資するわけにはいかないのですよね。

 さらにヒュンダイ自動車では2002年には95:5だった韓国国内工場と海外工場の生産費は、45:55と逆転しています。
 単純に考えれば、2002年からこっちの増産分はほぼ海外工場だったということになるでしょうかね。

 韓国に投資するとしたら、人間は管理のために最小限で電力をそこそこ使うようなほぼ全自動の工場……ですかね。
 一度雇ったが最後、その子孫まで抱え込まなければならないような国で雇用を増やしたいという奇特な企業は存在しませんわ。