戦闘機開発事業 レーダーの国内開発を前倒しか=韓国(聯合ニュース)
「米国が移転拒否した技術を韓国で独自に開発」(中央日報)
国防部の韓民求(ハン・ミング)長官と防衛事業庁関係者らはこの日記者懇談会を開き、「能動電子走査(AESA)レーダー開発時期を当初の2020〜2024年から2017〜2021年に3年操り上げる。このために必要な場合、外国企業などに技術支援を要請するだろう」と明らかにした。また「残りの核心装備である赤外線探索追跡装備(IRST)、電子光学標的追跡装備(EO TGP)、電磁波妨害装備(RFジャマー)なども独自技術で開発する」と話した。

防衛事業庁によると、AESAレーダーは国防科学研究所(ADD)主管でLIGネクスワンが昨年下半期に開発に着手した。体系統合技術も国内での開発をまず推進し、海外技術の支援も受ける計画だ。

防衛事業庁は「KF−X事業は2014〜2025年に約8兆1000億ウォン規模の予算が投入される大型国策事業で、空軍の戦力維持と、産業・技術的波及効果を考慮すると中断なく必ず推進されなければならない」と強調した。

韓国政府は昨年米ロッキードマーティンから1機当たり1200億ウォンでF−35Aを40機購入し、核心技術4件と残り技術21件の移転を要求した。しかし4月に米国政府は自国技術保護を理由に核心技術4件の移転を拒否した。ロッキードマーティンと競争したボーイングとユーロファイターは4件の核心技術と体系統合技術移転を約束していたが脱落した。これに伴い戦闘機導入過程で防衛事業庁がしっかりと対処できなかったのではないかとの批判が提起された。
(引用ここまで)
 同関係者は「AESAレーダーのハードウェアは国内開発が可能な状態であり、ソフトウェアは第三国の事業者からアルゴリズムなどを取得し、国内でソースコードを開発する」と説明した。
(引用ここまで)

 アメリカから移転を拒否された4つの核心技術に対して、韓国国内で開発することを決定したんだそうですよ。
 ……まあ、いいんじゃないですか?
 KF-Xの開発に間に合うように国内開発できるようなものであったら、そもそもなんで技術移転をアメリカに依頼したんだって話なのですが。

 入札の頃から楽韓Webでは「KF-X事業には注目している」という話をしていましたが、それ以前から怪しいというか事業として無理な臭いがしていたのです。
 明らかに韓国の技術力からしたら手にあまるものとしか思えなかったのですよ。

 これまで戦闘機開発自体の経験がない韓国が「独自技術」で、一定以上のステルス性能を確保して、かつ超ベストセラーとなっているF-16以上の戦力を実現して、さらにそれを海外販売していくっていう目標を打ち立てている。
 これまでのお笑い韓国軍としての実績を知っている人間としては、こんな面白い話題に食らいつかないわけがないのですよね。 
 まさかここまでグダグダになるとは思っていませんでしたが。

 もっとこじんまりとしたT-50の発展型で、NGではないほうのグリペンくらいを目標とするのであればまだ可能性はあったんじゃないかな。 
 なんもかもが一足飛びなのですよね。
 まあ、T-50の発展型でグリペン初期型くらいってF-16だよねって話もありますけども。 

崩壊 (光文社文庫)
塩田 武士
光文社
2015-09-25