防衛大臣、KFX/IFXの計画遅延を明言(SINDNEWS.com/インドネシア語)
「インドネシアも事業放棄」... KF-X事業、振られる(SBS/朝鮮語)
<アンカー>
軍が今日(5日)韓国型戦闘機KF-Xのコア技術を独自開発するという対策を発表しました。米国が技術移転を拒否したことによる苦肉の策です。しかし、越えなければならない山はまたあります。

キム・テフン記者の報道です。

<記者>
リャミザード・リャクド インドネシア国防部長官が韓国型戦闘機KF-X事業への参加を延期すると発言したと現地メディアが最近報道しました。
インドネシアは8兆6000億ウォン規模のKF-X事業の持分20%、1兆7千億ウォンを負担することにして、私たち側との交渉を進めています。
インドネシアがKF-X事業への参加を放棄するという意味でも解釈される発言が出てきたのは、上に移動レーダーをはじめとする重要な技術の移転を米国政府が拒否しKF-X事業が揺れている状況とかみ合っています。
米国から韓国へとこれらの新技術を移転した場合には、KF-Xを通じてインドネシアにも譲渡する必要がありますが、技術移転について決定権を持つ米国政府がイスラム国家であるインドネシアへの移転に同意するかは不透明です。
政府も、インドネシアの不参加の可能性を考慮しています。

ユンフドク新しい政治民主連合議員(先月17日の国政監査):Q.「インドネシア政府の態度が変わることもある」という懸念は持っているのですか?
ジャン・ミョンジン/防衛事業庁長:A.インドネシア政府に様々な困難もあり、最悪の場合はそういうことも考えなければ。

米国政府が重要な技術移転を拒否したのに続き、インドネシアまで参加放棄を決定するKF-X事業は深刻な危機的状況を迎えることと懸念されます。
(引用ここまで)

 インドネシアの防衛大臣が先月の7日に、KFX事業について「中断して、潜水艦等の海洋装備を優先して配備する」としてKF-X事業の中断を宣言したとのこと。
 インドネシアではIFXと呼んでいるのですね。まあ、開発費を負担しているからには当然か。
 で、昨今の「KF-Xへのアメリカからの核心技術移転が嘘だった!」シリーズにともなって、インドネシアからの開発参加の可否が韓国でも騒がれるようになった、ということですね。

 すでにトルコは「将来性がない」という理由で、KFX事業から離脱済み
 三カ国で推進するはずだったものが二カ国になってしまい、さらにインドネシアは中断。
 まあ、以前から経済性が怪しいとはされていて、いつ離脱してもおかしくないという話は出ていたのですよ。

 実際問題、インドネシアでは韓国製の軽戦闘攻撃機であるF/A-50を輸入しているのですが、アメリカからイスラム圏に対する牽制でレーダーのソースコードを受け取ることができずに戦力化できない状態が続いているとのこと。
 その状況を見たら、アメリカから(核心技術ではない21のほうの)技術移転を受けて製造されるKFXに不安を持っても当然ということですかね。

 それに加えて、今回の騒動でKFXがいつできるのか、そもそも完成するのかどうかすらも分からない事業に予算を費やすわけにはいかないというインドネシアの声も当然でしょう。
 まあ、インドネシアの潜水艦というのはおそらく209型を韓国で製造して引き渡すものなので、韓国としてはそれほど痛手はないかもしれませんが。

 ちなみにトルコはKFX事業から離脱した後、TFXというトルコ独自の戦闘機開発を目指していてサーブと共同開発にこぎ着けている模様。搭載エンジンが双発のEJ200であるということ以外、なにも聞こえてきていないのですけどね。第5世代なのだそうです。