鄭夢準氏「FIFAが自身への処分推進」 会長選出馬危機か(聯合ニュース)
国際サッカー連盟(FIFA)の次期会長選への出馬を表明している鄭夢準(チョン・モンジュン)FIFA元副会長は6日、ソウル市内で記者会見を開き、「FIFAが私に計19年の資格停止という制裁を推進している」と主張した。資格停止処分を受ければ、来年2月の会長選に立候補できなくなる。

 鄭氏は会見で、FIFA倫理委員会が調査を進めている鄭氏の過去の寄付金に関する疑惑について、「私がFIFA内部の核心を正面から狙ったため攻撃の対象になった」との認識を示した。

 鄭氏の説明によると、FIFA倫理委は鄭氏が2010年のワールドカップ(W杯)招致の過程で7億7700万ドル(現在のレートで約935億8000万円)相当の基金を創設しサッカーの発展のために使うとする書簡を世界のサッカー関係者らに送ったことについて、15年の資格停止を推進している。さらに、鄭氏が倫理委を批判したことについて4年の資格停止を科そうとしているという。

 鄭氏は今回の選挙で自身の候補資格が脅かされる可能性が高いとしながら、「彼ら(ブラッター会長側)は私の候補資格を毀損(きそん)することにとどまらず、FIFA会長選挙を毀損し、FIFAそのものを破壊している」と語気を強めた。

 これに先立ち、FIFA倫理委は鄭氏が10年に洪水被害に遭ったパキスタンと地震に見舞われたハイチに贈った寄付金のほか、W杯誘致過程で7億7700万ドルの基金を創設しサッカーの発展に尽くすとする公約を掲げたことについて調査を始めた。
(引用ここまで)
 チョン・モンジュンがFIFAから資格停止処分を科されそうだという話。
 で、それに対してチョン・モンジュンが記者会見をして「陰謀だ!」と叫んでいると。

 視点が違うというか、分かっていてやっているのか。
 まあ、確かに「FIFAはFIFA自体を破壊しようとしている」のですよ。
 旧来の汚職にまみれて、スポンサーからも糾弾されて身動きの取れなくなったFIFAを。

 その「旧来のFIFA」の中でも準主役級であったチョン・モンジュンが表舞台に出てきて、「さあ、クリーンになろう」なんて言い出すのは喜劇を超えてもはや悲劇ですらあるのですよね。
 たとえ、彼自身がクリーンであろうとも旧来のFIFA役員はもうお役御免なのです。
 まあ、以前も書いたように個人的にはチョン・モンジュンがクリーンであるなんて思っちゃいませんが(笑)。

 端的に言えば迷惑なのですよ。
 これまでの圧力は「お察しください」クラスだったのが、実行力をともなったものになってきたということですね。