FIFA 鄭夢準氏に6年間の活動停止処分(聯合ニュース)
FIFA会長、90日間の暫定資格停止 プラティニ氏も(朝日新聞)
国際サッカー連盟(FIFA)倫理委員会は8日(現地時間)、FIFAの次期会長選への出馬を表明している鄭夢準(チョン・モンジュン)FIFA元副会長に対し、6年間の活動停止処分を科した。

 またブラッター会長と欧州サッカー連盟(UEFA)のプラティニ会長に対してもそれぞれ90日間の活動停止処分を科した。

 FIFA倫理委の決定により、鄭氏とプラティニ氏は来年2月26日に行われるFIFA会長選挙に出馬することが難しくなった。

 FIFA倫理委は鄭氏が2010年のワールドカップ(W杯)招致の過程で7億7700万ドル(現在のレートで約931億1000万円)相当の基金を創設しサッカーの発展のために使うとする書簡を世界のサッカー関係者らに送ったことについて、15年の資格停止を推進。さらに、鄭氏が倫理委を批判したことについて4年の資格停止を科すよう求めていた。

 またブラッター会長については、背任や横領などの疑いでスイスの検察から調査されていることを受け、90日間の暫定活動停止処分を科したことが分かった。

 鄭氏は前日、英国・ロンドンで開かれた「スポーツビジネスサミット」で演説した後、記者団に対し、倫理委の決定と関係なく会長選出馬のために最善を尽くすと話した。また倫理委の制裁が確定した場合はスイスのスポーツ仲裁裁判所(CAS)に異議を申し立てるとの考えを明らかにした。

 しかし26日の会長選への候補登録締め切り日までに倫理委の決定を覆すことができるかは不透明だ。
(引用ここまで)

 国際サッカー連盟(FIFA)の幹部に絡む汚職疑惑で、FIFAの倫理委員会は8日、FIFA会長のゼップ・ブラッター氏(79)、欧州サッカー連盟(UEFA)の会長でFIFA副会長のミシェル・プラティニ氏(60)、FIFA事務総長のジェローム・バルク氏(55)を暫定的に90日間の資格停止処分にすると発表した。この処分は最長45日延長される可能性がある。

 2018年と22年のW杯招致活動で倫理規定違反があったとして、FIFA元副会長の鄭夢準氏(63)は、6年間の資格停止と10万スイスフラン(1230万円)の罰金処分となった。
(引用ここまで)

 実は他のニュースでエントリを書いていたのですが、これが入ってきたのでガッツポーズを取りながらこれを書くことに。

 プラティニとブラッターは90日の資格停止処分。
 でも、チョン・モンジュンは6年間の資格停止処分。これは実質的な永久追放ですね。

 今年の1月にワールドカップの招致においての倫理規定違反があったとして、手続きが開始されていたのですね。2022年の招致に際して、サッカーファンドを作ると宣言したことがあったのですが、それが「FIFA委員に対して利権を提供するとして葛藤を引き起こした」という違反であったということです。
 で、その結果が重大なものであったとして6年間の資格停止処分と。
 まあ、最大で19年になる可能性もあったのですから、だいぶ短くはなっているじゃないですか。

 どっちにしたって、実質的には永久追放ですが。

 それに対してチョン・モンジュンは「CAS(スポーツ仲裁裁判所)への提訴の用意がある」っていう話をしているそうです。
 こういう事態に対しての仮処分なんかもCASは受け付けるんでしょうかね?
 CASによる仮処分的な「FIFAによる処分の停止」がないかぎり、会長選への立候補はなし。すなわち、実質的な死亡宣告となるわけですが。

 FIFAサイドとしてはもう黙っておけってことなんでしょう。
 その意向に反したらどうなるんでしょうかねぇ……。
 ジャック・ワーナー元副会長の「雪崩のような暴露」にも期待したいところですが。

スポーツドキュメントが好きなら必読。CASへの提訴はかなりお金がかかるようですが、チョン・モンジュンであればお小遣いのようなもんでしょう。