「慰安婦説明板」再設置要求 韓国団体が天理市に署名提出へ(聯合ニュース)
 韓国の市民団体が、奈良県天理市が昨年4月に撤去した植民地時代の強制連行と慰安所に関する説明板の再設置を求める署名を同市に提出することが8日、分かった。

 韓国南部・慶尚南道の団体「日本軍慰安婦ハルモニ(おばあさん)とともにする統営・巨済市民の集まり」によると、同団体は今年7月から慶尚南道の統営市、巨済市、晋州市、中西部・忠清南道の瑞山市などで説明板の再設置を求める署名運動を展開し、これまでに1万11人の署名を集めた。

 9日に天理市を訪問し、市長に署名を提出する。統営市と巨済市の首長、市議会の意見書も一緒に渡す予定だ。また、提出後に天理市の記者室で説明板の再設置要求に関する公開インタビューを行うほか、講演会なども開く。

 この説明板は1995年に旧大和海軍航空隊大和基地(通称・柳本飛行場)の跡地に天理市と同市教育委員会が共同で設置。1944〜45年の同飛行場建設について、「工事には多くの朝鮮人労働者が動員や強制連行によって連れてこられ、厳しい労働状況の中で働かされた」「『慰安所』が設置され、朝鮮人女性が強制連行された」などの記述があった。

 しかし、この記述をめぐって抗議の電話などが相次ぎ、天理市は記述を根拠付ける資料がないとして昨年4月に撤去した。
(引用ここまで)

 群馬の「強制連行追悼碑」の件でもそうだったのですが、市井の人々が声を上げはじめたというのが大きいのですよね。
 これまで「人権が云々」だのなんだの、きれい事で押し切られてきたのです。
 それを「いや、おかしいものはおかしい」と言えるようになってきた。
 日本全体にそれを許容する空気が生まれている。

 イ・ミョンバク最大の功績といえるでしょうね。
 天皇陛下への謝罪要求は噴飯物の出来事でしたが、多くの日本人に「あれ、こいつらの言っていることってなんかおかしくないか?」って思わせはじめることができたのはよかったですわ。
 あれがきっかけで「知韓本」がクオリティはピンキリながらも出るようになったのですよ。「なんでこいつらはこんなことを言っているんだ」って思いはじめた。
 そしてその結果として、日本人が韓国に対して遠慮をしなくなった。

 一昔前なら、この天理市への言いがかりも受け入れていたりしたのでしょうけども。
 本来の「日韓友好」のためであればいいことなのですけどね。
 「韓国人の考える日韓友好」の形はそういうものではなく、本来の日韓友好の形は受け入れがたいのでしょう。
 であれば、おのずと新時代の日韓関係の形は見えてくるのですが。