アップル、新「iPhone」の「A9」チップとバッテリ持続時間に関する指摘に反論(cーnet)
 Appleは米国時間10月8日、新型「iPhone」に搭載されているチップによってバッテリ持続時間が異なるという懸念に対し、指摘されているほど大きな差はないとの見解を示した。

 Appleの広報担当者は8日の声明で次のように述べている。「当社での試験や顧客データでは、『iPhone 6s』および『iPhone 6s Plus』の実際のバッテリ持続時間は、コンポーネントの違いを考慮に入れても、2〜3%以内の差に収まっている」

 今回の声明は、新しいiPhone 6sおよびiPhone 6s Plusに搭載されているプロセッサの違いをめぐってうわさが高まっていたことを受けたものだ。Appleは、9月末に発売した新型iPhoneに、サムスンとTaiwan Semiconductor Manufacturing Company(TSMC)が製造したチップを採用した。一部ユーザーの報告によると、TSMCのチップを搭載するiPhoneは、サムスンのチップを搭載するiPhoneよりもバッテリの持続時間がはるかに長かったという。

 ただしAppleは、これらの試験では同社が設計した「A9」プロセッサを連続で動作させており、現実的な利用状況を反映したものではないと述べた。つまり、平均的なユーザーがスマートフォンで1度に何時間も映画を観たり、インターネットを閲覧したりするなどありそうにないということだ。

 「現実的なバッテリ持続時間を計測するには誤解を招く方法だ」とAppleは述べている。

 Appleは、どのチップも「素晴らしい性能を発揮するために求められるAppleの最高基準を満たしており、優れたバッテリ持続時間を実現している」と述べた。
(引用ここまで)

 うわ、iPhone6sには当たり外れがあるのか……。

 A9の製造プロセスはTSMC(16nm)に比べてサムスン電子のほう(14nm)が微細化されているって話でした。
 原則的にこの数字が小さければ小さいほど省電力になるはずなのです。
 が、微細化さえできてれば省電力になるっていう時代でもないのです。
 現在のアプリケーションプロセッサ(APU)はファブ側でどれだけAPUからの電気の漏れを防ぐことができるか、いわゆるリーク電力を防げるかが重要になっているのです。

 んで、TSMC製とサムスン電子製ではかなりの違いがあるということが判明したそうなのです。
 その差はサムスン電子製A9が搭載されているiPhone6sが連続6時間しか動作しなかった状況で、TSMC製A9では8時間も動作したというもの。
 その差、なんと1.33倍。

 それに対してアップルは「バッテリー耐久テストのための連続動作と、一般的な使用方法における動作は異なる」と正式に表明したわけですね。
 まあ、確かにプロセッサを全力駆動させるシーンはそんなにないでしょうね。
 「実際には2〜3%ていどの違いに納まるはずだ」と。
 ……あれ?
 例えば1日12時間使うとしましょうか。
 3%の違いがあるとして20分ちょい。
 けっこうな違いですよね。
 ゲームアプリのようにAPU周りに負担のかかる作業をすればさらに大きな違いが出るわけですし。

 噂ではTSMCとサムスン電子の割合は50:50とされています。
 前もって調べることもできないので、完全に運任せ。
 後から調べる方法ならあるんでしょうが、知らないほうが精神衛生上いい気がしますね。