閔妃を殺害した凶器、韓国の市民団体が返還求める(朝鮮日報)
 1895年8月20日(太陽暦10月8日)。きょうは三浦梧楼・日本公使の指揮で朝鮮の国母・明成皇后(日本での呼称:閔妃〈びんひ〉)が殺害されてからちょうど120年になる日だ。

 CAIRA文化財還収国際連帯は、大韓皇室文化院および李利在(イ・イジェ)、李元旭(イ・ウォンウク)国会議員と共に、民族の「国恥」として永遠に記憶すべきこの日に合わせて「明成皇后を殺害した剣の取り戻し」を求めた。

 「事件の首謀者や継承者は、殺人の道具や現場の記念品だけでなく、朝鮮王室の遺物類まで強奪し、記念している。解放70年になったにもかかわらず、遺物が堂々と日本に残り、記念品になっていることは受け入れられない」と指摘した。

 また「東京国立博物館には、朝鮮国王のかぶとやよろい、翼善冠など王室の遺物8点が収蔵されており、人質のように捕らえられている。これらは朝鮮の軍事的自主権を象徴する遺物で、違法に搬出され、最近まで博物館の倉庫にあった。現在の遺物の保管状態はめちゃくちゃで、何の手も打たずに放置されたら、数年以内に朝鮮の象徴が消滅しかねない危機にある」と主張した。
(引用ここまで・太字引用者)

 どっかで見たことがある主張だなぁ……と思ったのですが、5年前にまるっきり同じことを別の団体が言っていました
 あっちの団体は例のヘムン僧侶が主催しているので、本当に別団体のようです。
 なにをどう「返還」するのやら。
 一度ですら韓国のものになったことはないのですけどね。

 で、後半の「東京国立博物館には〜」のくだりは、いわゆる小倉コレクションのことを言っていると思うのですが。
 この記事の構成だと、閔妃殺害の時に日本人が李氏朝鮮の兜や鎧を持ち出したというように読めるのですよね。
 あえてそう誤読できるようにやっているのでしょうけども。

 ちなみに小倉コレクションの保存状態は大半の日本人の文物収集家がそうであるように、非常に良好です。以前、ハンギョレだったかに掲載されていた画像がこちら。

koreanarmor

 靖国神社の遊就館にはさらに保存状態のいいものがありましたね。これは将軍級のものだそうです。

koreanarmor2

 さて、それでは「まともに保存されている」はずの韓国で保管されている、李氏朝鮮時代の将軍の鎧を見てみましょう。

 こちらはまだ保存状態がいいほうで、こっちとかすごいですね。クリックすればあえて画像を出さなかった理由が分かります。
 どちらも韓国陸軍博物館に所蔵されているもの。

 なにしろ、韓国になってからの国璽1号すら紛失してしまっている。
 マッカーサーが日本から取り上げて返還してもらった李子朝鮮時代の国璽はすべて行方不明

 韓国に渡ったらこうなっていたのですよ。日本にあってむしろ幸いですわな。