結婚式前日に27歳花嫁逮捕、式場にドレス姿で現れたのは…(朝鮮日報)
 京畿道富川市に住む女(27)は昨年10月、高校時代の友人の男(26)から1本の電話を受けた。「振り込め詐欺にだまされた人たちが送った金を引き出してフィリピンに送れば、1日に5万ウォン(約5100円)ずつ支払う」。男はこれに先立ち、フィリピンの振り込め詐欺グループのメンバーから、被害者たちが送った金を引き出して送金すれば、その金の10%を支給するという提案を受け、友人も犯行に巻き込もうとしたのだった。

 女は今年3月22日に結婚式を予定していた。定職に就いておらず、結婚式の費用調達に悩んでいた女は、男の提案に対し乗り気になった。結局、女は男の提案を受け入れ、昨年11月から今年1月にかけ、19回にわたって振り込め詐欺の被害者たちが送った約9000万ウォン(約920万円)を引き出し、男が知らせてきたフィリピンの銀行口座に送金した。

 だが、女は今年3月に警察に検挙され、結婚式の前日に逮捕された。女と結婚相手の男性の家族は警察に対し「結婚式だけでも挙げさせてほしい」と要請したが、受け入れられなかった。周囲に恥をさらすことを心配した両家は、拘置所に収監されている女の代わりに、その姉にウエディングドレスを着せ、結婚式場に立たせた。結局、女と結婚相手の男性は最近、婚姻関係を解消したという。

 ソウル北部地裁刑事2部(カン・インチョル裁判長は)は2日、振り込め詐欺の被害者たちが入金した金を引き出し、送金した行為などで起訴された女に対し、懲役1年6月の判決を言い渡した。フィリピンの振り込め詐欺グループから指示を受け、被害者たちが入金した約6100万ウォン(約620万円)をだまし取り、女などの共犯を集めたとして起訴された男に対し、懲役3年を言い渡した。
(引用ここまで)
 いくつか楽韓Web的にチェックしておきたい項目があったので、ピックアップ。朝鮮日報の記事なので明日には消えてしまうかな。

 まず、第1に韓国でも振り込め詐欺が横行していること。日本でも猛威を振るっていますが、そこから派生したというのが実際のところでしょうね。
 詐欺事件の多さではアジアでは堂々のワントップ、世界でも巨人といえる韓国ですが近年は多くがこうやって振り込み詐欺にシフトしているようです。

 で、次にその振り込め詐欺の首脳部分がフィリピンにいるというのもなかなか面白い事実ですね。
 韓国はフィリピンと犯罪人引き渡し条約を結んでいるのですが、マニラだけでもカオスそのものな上に数千あるというフィリピンの小島にでも隠れられたらお手上げです。
 今年だけで10人の韓国人が殺人事件の被害者になっていて、韓国警察もフィリピンに常駐しているほど。

 この韓国警察の常駐というのは実際には海外逃亡している韓国人犯罪者の捜査も含まれていると思うのですけどね。
 韓国人に対する殺人事件がこれだけ頻発しているのも、こういった犯罪組織があることと無関係ではないと思われます。 まあ、日本人もちょいちょい殺されていますけども。

 で、ようやく記事の事件にたどり着くのですが。
 韓国ではけっこうこうやって「いや、そこはそうやって切り抜けたとしてあとはどうするんだよ」という話が多いのですよ。
 この事件は振り込め詐欺にも絡んでいたのでこうやって報道されて日本語にまで翻訳されていますけども、「そのあとは、どうするのよ」みたいなことが本当に日常的にあります。
 バウリンガルで飼い犬を目撃者にしようとした、なんてのもそのひとつとして挙げられますかね。
 日本では滅多にない替え玉受験が頻発するのも同じこと。とりあえず受かってしまえばいい。その後どうするのか、それで大学がどうにかできるのかとか考えない。

 「その場さえしのげれば、あとのことは後から考える」という「ケンチャナヨ精神」の発動なのでしょうね。
 スケールは違いますがKF-Xで最初から技術移転の芽はなかったのにF-35で契約しちゃったとかも、この事件と同じ系統として語れると思います。F-35が欲しい、技術移転はないって言われているけどとりあえず契約しちゃえばなんとかなる。
 ……って思っているのは韓国人だけで、実際にはどうにもならないのですけどね。

植木等伝説(DVD付)
クレイジーキャッツ
EMIミュージックジャパン
2010-05-05