韓国外交部「旧日本軍慰安婦記録物の世界記憶遺産登録、韓中日関係に影響与えない」(中央日報)
世界記憶遺産「南京大虐殺」登録 日本、ユネスコ拠出金の凍結検討(ZAKZAK)

 何日か前に上の記事を見たときに「お前がそう思うんならそうなんだろう、お前ん中ではな」が頭をよぎったのですが、短い記事であることもあってエントリにすることはやめたのですよね。
 日本にとって「もうすでに解決している事柄」を焚きつけて、それでなんら瑕疵がないと思うんならそうやってみろってことなのですよ。 

 で、そのひとつ前の南京大虐殺が世界遺産に登録されたことで、片山さつき議員が「ユネスコへの分担金拠出保留も選択肢のひとつ」と言い出した、と。
 ちなみに同時に登録申請していた慰安婦関連記録については登録を却下されています。

 何度も何度も「日本はもうかつての日本ではない。反論すべきことに対しては反論していくようになった」と書いてきています。
 それは選挙民である日本人の多数が中韓に対してまともな対応を取ることで国会議員も動きやすくなってきたという側面があるのですよね。
 というか、支持があるからこそ動けるというべきか。

 以前は国会議員がそうやって動いたときに、国民がどういう対応をするか分からなかったので踏み込めなかったのですよ。
 昔なら国連関連機関、それもユネスコに対して圧力をかけるなんて考えすら及ばなかったことでしょうねぇ……。