MERS最後の完治者が再び陽性 家族ら61人隔離=韓国(聯合ニュース)
韓国でMERS陽性判定 死んだウイルス検出の可能性も (日経新聞)
 韓国保健福祉部の疾病管理本部は12日、記者会見を開き、中東呼吸器症候群(MERS)に感染した患者のうち、先ごろウイルス反応で陰性になり退院した最後の1人が、再び陽性となり隔離されたと発表した。

 この患者は今月1日に陰性と判定され退院したが、11日に発熱などの症状を示し、ソウル大病院に入院した。

 この患者と接触した家族など61人が隔離された。

 同本部によると、同日開催した専門家による諮問会議では、「患者の体内に潜伏していたごく少量のウイルス遺伝子が検出されたと考えられる。感染力は非常に低い」と分析された。

 同本部は「患者はソウル大病院の隔離病床に入院しており、万一に備え接触者の隔離措置などを徹底する」と説明している。

 世界保健機関(WHO)の基準により、MERSの終息時期は最終患者の完治から28日が経過した時点となっている。韓国政府は当初、今月末に正式に終息宣言する方針だったが、さらに遅れる見通しとなった。
(引用ここまで)

 あー、これはウイルスのことを知らない人には難しいな……。
 ウイルスというものは生物と物質の中間の性質を持ったもので、感染能力を持つ部分が生物的側面なのですが、個体として細胞を持たずに自分自身では子孫を残せないという面で物質的であるといえます。
 で、物質的側面を持っているウイルスは死なないというか死の概念が当てはまらないのですが、感染能力を失ったウイルスは「死んだ」とされるのですね。
 で、この「死んだウイルス」もウイルスとして検出されるのです。 

 おそらくエンベロープをはがされて、不活化したウイルスが患者の体内に残っていてそれが検出されたということなのでしょう。
 何度か書いていますが、今回の韓国のMERSは院内感染が多くてもともと他の病気を持っている患者がほとんどでした。
 で、その「他の病気」由縁の発熱があって、一応検査したところ不活化したコロナウイルスが検出された……というところじゃないかと想像します。

 理解していても説明は難しいですね。
 ま、終息宣言は伸びるかもしれませんが、どうという話ではないように思います。
 嫌韓商売をしている人や、なにも考えていない人には残念なことかもしれませんけど。

 韓国には手洗いの風習が行き渡っているとはいえない状況なのですが、今回の出来事で広まってくれるといいなぁ……。
 とある韓国の大企業の入っていたビルの同じフロアにある会社にいたことがあるのですが、ざっくりと半分はトイレで手を洗わないって感じです。あと個室でたばこを吸うのも韓国人ばっかりでした。