ベトナム戦争時に韓国軍兵士から性的暴行 被害女性らが朴大統領に謝罪求める(産経新聞)
ベトナム戦争時「韓国軍兵士が性的暴行」 女性ら訴え(朝日新聞)
 在米ベトナム人の団体が15日、ワシントンで記者会見し、ベトナム戦争当時、韓国軍兵士から性的暴行を受けたというベトナム人女性らが、訪米中の朴槿恵(パク・クネ)大統領に謝罪を求めた。記者会見にはベトナム人女性4人が、テレビ電話で参加した。

 このうち66歳の女性は、「薪を集めていたときに兵士に襲われた。その後妊娠し1970年に出産した。働くこともできず、子供に教育を受けさせることもできなかった」と訴えた。

 また、60歳の女性は「家族でお茶やバナナなどを売る店を営んでいた。韓国兵士が来て母親が暴行され妊娠し、69年に男の子を産んだ。その後、私も暴行を受け71年に息子を出産した」と証言した。

 被害者を支援するノーム・コールマン元上院議員は被害者の数を「数千人」と見積もり、このうち生存しているのは「約800人」だと説明している。

 団体と被害者の女性らは朴大統領の訪米の機会をとらえ声を上げたもので、15日付の米紙ウォールストリート・ジャーナルに、被害者に対する公式な謝罪を朴大統領に求める広告も掲載した。
(引用ここまで)

1000nen

 これは面白い。
 朝日新聞の記事にはWSJに掲載された意見広告の写真も出ています。

 慰安婦と性的暴行の被害者という違いはありますが、アメリカという第三国を巻きこもうという戦略は韓国のそれを明白に参考にしていますね。
 さらにいえばアメリカは第三国ではなく、ベトナム戦争という面から見れば当事者……とまではいわなくとも、まあ関係者であるわけですよ。
 その友軍で行われた戦争犯罪をどう扱うのか。
 ちょっと興味があるところですね。

 そして、「道徳性が高い民族」を自認している韓国はこの声に対してどう対応するのか。
 日本に対して自ら謝罪の見本を見せつけることができるのか。
 被害者と加害者の関係性は1000年経っても変化しないのですから、1000年後も謝罪し続けるのでしょうけども。
 ま、スルーで終わりでしょうけどね。

謝男 1
日本文芸社
2013-03-29