【寄稿】韓米首脳会談で韓日関係改善の意志を示せ(朝鮮日報)
韓国大統領による9月3日の中国の抗日戦争勝利70周年記念式典への出席と韓中首脳会談は、韓国メディアの目には比較的成功したものと映った。北朝鮮の特使、崔竜海(チェ・リョンヘ)氏に対する中国の待遇は中朝関係の冷え込みをうかがわせたし、また3年にわたり開かれていない韓中日首脳会談の実現に向けたきっかけもつくることができたからだ。だが、朴槿恵(パク・クンヘ)大統領の訪中について、ワシントンの知識人たちの見方は思ったより冷ややかだった。ある米国の学者は朴大統領の訪中について、米国にとって不穏な(disturbing)ことだと表現した。その根底にあるのは、韓国が中国に傾倒しているのではないかという懸念だった。韓国は明確なアジェンダ(課題)を持って北京を訪れたのであり、米国との同盟を離脱する考えはみじんもないと説明したにもかかわらず、米国側の出席者はあまり納得していない表情だった。米国の出席者らの疑念は「中国の習近平国家主席とは6回も首脳会談を実施しながら日本の安倍晋三首相とは会っていない」という点だけではなかった。筆者は、韓国の中国傾倒論を広めているのは日本人だと思っていたが、米国の参加者の一人が「今後、韓国は中国と連携するだろう」という話を中国の学者がしていた、とそっと教えてくれた。韓国国内では、韓国が中国に傾倒しているとはあまり考えられていないが、外部の見方が冷ややかだという点は懸念するに値する。
(引用ここまで)

 やたらと改行が少なくて読みにくい文章ですね。

 しかし、やっぱりそうなんだな……。
 なんとなく韓国メディアの報道や、その報道の下につくコメントから、そういった空気を感じてはいたのですが。
 韓国人は自分たちはまったく悪くない、中国への傾倒などしていない、報じられている「中国傾倒」は日本の仕組んだロビー活動の結果……というように信じていたのですね。

 ソウル大学の日本研究所所長という、知のレベルが韓国国内では最高レベルと思われる人間であってですらこんなていどの認識なのですから、韓国人全体がどうであるかは推して知るべし。
 この記事の「韓国ではそう思われている」という記述からは、韓国メディアの報道ではそうであるという紹介にも受け取れますが。
 太字部分で馬脚を現してしまっています。

 アメリカからも日本からも同様に韓国疲れを表明されて、中国傾倒を警告されて、挙げ句の果てには共同記者会見でオバマ大統領から「中国に悪いって言える国になろうな」っていう(おそらくは最後の)警鐘まで鳴らされた。

 その段に至ってもまだ「中国傾倒は日本のロビー活動」ってソウル大学の教授、それも日本研究所所長が考えてしまう浅はかさ。
 どの韓国人でも多かれ少なかれ陥っている「韓国人は悪くない」という考えかたに汚染されているってことが分かります。

 ……本当に底が浅いんだよなぁ。
 まあ、自分で自分の足元は見えにくいという他山の石にすべき事柄ですね。