韓国の為替操作問題、米側が突然切り出し交渉決裂の危機(朝鮮日報)
韓国トホホ… TPP参加にオバマ大統領から言及なし 朴氏は「緊密協力」(産経新聞)
 米ワシントンのホワイトハウスで16日、韓米首脳会談に向け行われた実務レベル交渉は難航したもようだ。出席者によれば、北朝鮮に対する共同宣言文作成には特に問題はなかったが、両国の戦略的協力プランを包括的に定めた「韓米関係現況共同説明書(ファクトシート)」の作成時、米国側が突然「為替操作」問題を切り出し、交渉は決裂の危機に直面した。互いに主張を譲らなかったため、交渉は首脳会談当日の未明4時までまとまらなかったという。交渉関係者によると、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)をめぐり、韓国の加入意思と米国による歓迎の文言を盛り込むことには合意したが、米国側が突然「韓国はこれ以上為替操作を行うべきではない」という趣旨の文言を共同説明書に付け加えることを主張し交渉は難航した。

 韓国は議題にない内容を無理に押し込むべきではないと反論。米国側も原則的な内容であって、反対理由はないはずだと突っぱねた。結局韓国側が「為替担当者が出席していない状態で敏感な内容を盛り込むことはできない」と説得し、最終的には「両国は財政、通貨、為替などを含むマクロ経済の全般的状況に対する理解を増進していく」とする文言を盛り込んだ。

 米国側の為替操作問題での圧力は、米国内でのムードを反映したものだ。オバマ政権でホワイトハウスの大統領補佐官(経済担当)を務めたグッドマン戦略国際問題研究所(CSIS)首席研究員は「米議会には韓米自由貿易協定(FTA)に失望するムードが一部にあり、特に韓国が為替相場を操作し、貿易をねじ曲げているという懸念が存在するのは事実だ」と指摘した。
(引用ここまで)

 韓国の朴槿恵大統領は16日、オバマ米大統領との首脳会談後の記者会見で、交渉が大筋合意した環太平洋連携協定(TPP)への韓国の参加問題について「(米韓は)今後緊密に協力していくことにした」と述べた。ただ、オバマ氏は記者会見で韓国の参加問題には言及しなかった。
(引用ここまで)

 韓国のTPP参加に冷淡なオバマの態度と、韓国の為替操作。
 このふたつ、つながっていないように見えて実はつながっている事柄です。

 現在、アメリカには米韓FTAに対してかなりのフラストレーションがたまっている状態なのです。
 アメリカからの輸出は増えず、韓国からの輸入ばかりが増える一方。
 つまり、アメリカ人が得るべきはずだった雇用や富を韓国がFTAで奪っていったっていう認識。
 各地の消費者の代表である議員からはかなり不満の声が上がっています。
 共和党の大統領候補であるトランプが対米黒字を出している国に対して攻撃をしている(そしてそれが民衆に受けている)のは、そんな背景があるのですよ。

 で、そんなところに拡大版FTAともいえるTPPが大筋合意になったわけです。
 TPP反対派は「米韓FTAで成果がなかった、なかったどころかマイナス効果であった」ことを持ち出したいわけです。
 「TPPだって? とんでもない。米韓FTAでなにが起こったのか見なかったのか?」と。
 それを封殺するためには「韓国は為替操作国だから」という言い訳が必要になったのですよ。
 韓国が為替操作をしているからこそ、米韓FTAはこんな状況だけどもそうでなければ素晴らしい未来が広がっているはずだったのだ、と。
 なので、オバマ政権としてはどうしてもこのパク・クネ訪米のタイミングで韓国による為替操作についての言及が必要だったのです。

 で、共同声明の文案に「韓国は為替操作をしていましたと書け」というところからスタートして、ややボリュームを抑えた「財政、通貨、為替などを含むマクロ経済の全般的状況に対する理解を増進していく」という文言を入れさせたわけですね。
 韓国の首に「私は為替操作をしました」という罪状札を下げさせたのです。

 この文脈からしていくと、韓国のTPP参加は相当に難しいんじゃないかと思われますが。
 現状の韓国のステータスは「為替操作国として認定はされていない」というだけですからね……。