「米国、韓国を競争相手と見てAESA技術移転せず」(中央日報)
軍事専門誌「HISジェーン・ディフェンス・ウィークリー」のジェームズ・ハーディ・アジア・太平洋担当編集長(37)は18日、「米国が韓国型戦闘機(KF−X)事業の核心技術を移転しないのは韓国を競争相手と考えている可能性があるため」と述べた。

20日に開幕する「ソウル国際航空宇宙および防衛産業展示会2015」に出席するため訪韓したハーディ編集長は中央日報のインタビューで、「米国の国防予算が減っていて武器の輸出を推進しているが、韓国が競争相手に浮上した」とし「米国の技術移転拒否は災難ではなくて韓国にはもう一つの機会となる可能性がある」と主張した。

以下は一問一答。

−−米国はなぜ核心技術を移転しないのか。

「AESA(能動電子走査式位相配列)レーダー関連技術は宝石のような存在だ。見方によってはステルスより優れた技術といえる。あなたは競争相手に核心技術を譲るだろうか」

−−F35とKF−Xが競争関係なのか。

「軍需産業業界では完ぺきなものが『十分によい』というものの最大の敵という言葉がある。KF−XがF35の80%能力でありながら価格が50%程度なら、どちらを買うだろうか。T−50が成功し、米国は訓練機を製作していない。結局T−50が失敗したとすれば、米国がKF−Xに積極的になっていたはずだが、(T−50が成功し)脅威と考えているのでは」
(引用ここまで)

 ひとつ前のエントリにも書きましたが、このKFXの技術移転失敗はかなり韓国で話題になっています。
 なもんで、多方面からさまざまな解説等が流れこんでくるのですよね。
 ま、面白いので可能なかぎりピックアップしていきます。

 ……うーん、競争相手というか。
 F-4、F-5、F-16、F-15、F-35と、それまでアメリカ製品を購入してきた消費者が「これからは自分で作るわ」って言い出したのですから、そりゃ協力もしませんわ。
 ごくごく普通の経済論理だと思いますけどね。
 ロシアも韓国がロケットエンジンを開発するという時に試験場を貸さなかったように。
 アメリカが日本の心神のRCS計測に協力しなかったように。

 インドネシアに売却する際の問題や、機密保持の問題も大きいですが、最大の要因はこの経済的原則でしょう。
 普通の事業であれば顧客喪失を防ぐためには最大級の努力をするもんです。

 可能なかぎり邪魔をして計画がキャンセルにでもなろうものなら「スーパーホーネットならお安くしておきますよ?」とか、次のオプションを提示できまる立場でもあるのです。
 それでも韓国が独自製造するというのであれば、可能なかぎりの共同開発にして利益を確保する。日本のF-2なんかもそうでしたね。
 アメリカも慈善事業で軍事産業やっているわけでもなし。

 なんでそう韓国からだけの視点で見るのやら。
 邪魔されて当然の事業であるという自覚がないのですよね。