韓国の外交・安保担当閣僚、「中谷発言」「南シナ海」で物議(朝鮮日報)
 韓国国防部(省に相当)は20日、韓民求(ハン・ミング)国防部長官と日本の中谷元防衛相による会談内容を説明した際、有事における日本の自衛隊の北朝鮮での活動に関連した中谷防衛相の発言を欠落させた。

 韓長官は会談で、「日本の自衛隊が北朝鮮に進入する場合、韓国政府の同意を得なければならない」と述べ、これに対し、中谷防衛相は「韓国の有効な支配が及ぶ範囲はいわゆる休戦ラインの南側だという指摘も一部にある。そのため韓米日による緊密な協力が必要だ」と答えた。韓国側の立場を事実上拒否する姿勢を示したものだ。

 しかし、国防部は中谷防衛相の発言の前半部分をカットし、「韓米日の緊密な協力」という部分のみを記者団に説明した。すると、日本政府は直ちに発言の全容を公表した。一部からは「日本にまたも図られた」という声も上がった。国防部はこの段階でも「そんな発言はなかった」と言い張った。

 両国が発言の真実性を争う状況に発展すると、国防部は21日、「会議録を調べたところ、(前半部分の発言が)あった」と訂正した。その上で、「両国はその部分に言及しないことで合意していた」と主張した。会談内容を欠落させたのは韓国側の過ちではなく、全てを公表した日本の過ちだと言わんばかりだった。一部からは韓長官が会談の席上、中谷防衛相の発言の正確な意味を確認し、韓国の立場をもっと明確に伝えるべきだったとの指摘も聞かれる。
(引用ここまで)

 こういうことをやるので、韓国政府や大統領府からのプレスリリースは信頼が置けないのですよね。
 以前も「朝鮮王室儀軌をお渡しする」という日本からの連絡を「日本から返還された」と書き直したことがありました。 エリクソンから韓国へ1500億円の投資がある、というのは大統領府からのプレスリリースでしたね。

 アメリカから4つの最新技術移転があるとしていたKFX事業についても構造はほぼ同じですよね。
 国璽南大門といった伝統的なもの作り方から、エリクソンやマヒンドラから投資があるといった投資話、KFXやスリオンや魚群探知機を括りつけた救助艦まで。
 ついでにいえば世界遺産でだまし討ちされた経緯もまんまこれですよね。
 嘘で塗り固められている国なのですよ。
 なので、「○○という決定があった」という公式のプレスリリースが韓国政府や大統領府からあっても、まったく信じられないのです。

 もちろん、上が上なら下も下。
 日本よりも671倍多いアレだの、「地下博物館が日本企業に買収されてしまう」だの枚挙に暇がない。
 ポロロをディズニーが買収しようとした、証拠はないけども確実だなんていうのもそれですね。
 日本の隣にある国の住人にはこういう傾向があるのだ、ということを知っておかなければなりません。
 嘘と自尊心(実際には虚栄心)にまみれた民族であるのだと。
 それをあげつらう必要はなくても、知っておくべきです。

 隣国なので遺憾ながらも接触は少なくありません。
 でも、こういう傾向があると知っていれば交渉もしやすいはずです。

 先の大戦時に敵性言語だといって英語の使用を禁じた日本と、日系人を招いて日本というものを研究したアメリカ。
 そういう違いを出さないためにも知っておくべきことのひとつだと思います。

 この記事の後半はまた別エントリで扱います。