中谷防衛相が口開くたび窮地に追いやられる韓国国防部(朝鮮日報)
韓国与党議員「中谷防衛相は傲慢で無礼」(朝鮮日報)
【コラム】南北分断は日本のせい、中谷防衛相の発言は許せない(朝鮮日報)
 日本の中谷元防衛相は20日の韓日国防相会談で、「一般的に言えば、日本は韓国の有効な支配が及ぶ範囲は、いわゆる休戦ラインの南側だと理解している」と述べた。有事の際、日本の自衛隊が北朝鮮地域に入る場合、韓国政府の同意がなくてもいいという意味だと解釈できる。しかし、韓国国防部関係者は会談直後、この部分の発言を除いて「韓半島(朝鮮半島)有事の際に韓米日の緊密な連携が必要だ」という発言だけを公表した。「(北朝鮮は憲法上、韓国領土だという)韓国の見解に対する理解がさらに高まったと思う」とまで言った。会談直後、日本の防衛省は中谷防衛相の発言をすべて公表したが、国防部は20日夜まで「そのような発言はなかった」と言っていた。

 ところが、21日になって会議録が公開され、日本側の言葉が正しいことが分かった。すると、韓国国防部関係者は「『韓米日の緊密な協議』だけ公表しようと合意していたが、日本側がこれを破ったもの」と発言を変えた。そうした発言があるにはあったということだ。この関係者は「合意を破ったことについて、日本側に抗議した」とも言った。22日午前まで国防部はこの見解をかたくなに貫いていた。

 だが、中谷防衛相は22日、韓民求(ハン・ミング)国防部長官との昼食会後、日本の報道陣に「(発言内容を非公開にすると合意した事実は)ない」と言った。その上で、「韓国領土で自衛隊が活動する場合、韓国の同意を得るのは当然のことであり、韓半島有事の際は日韓と日米韓が緊密に連携して十分協議することが必要だ。私としては一貫した発言をしている。韓長官との昼食会でも(日本が合意を破って公開したと)韓国は指摘しなかった」と述べた。

 すると、韓国国防部は再びコメントを出し、「(発表内容に関連し)明確な合意があった。日本側の発言で合意がなかったとものと誤解される可能性があるのは遺憾だ」と言った。しかし、「発言内容を非公開にすることで合意したのか」という記者からの質問が相次ぐと、国防部高官は「非公開だと言ったことはない」と再び発言を翻した。「発言が違う」と騒動になると、国防部高官は今度は「誤解を生んだのは明らかだ。発言は変えていない」と言った。
(引用ここまで)

 与党セヌリ党の金正薫(キム・ジョンフン)政策委員会議長は22日、日本の防衛相が「自衛隊は韓国の同意なしに北朝鮮に入れる」と示唆したことについて、「ごう慢で無礼だ」と述べた。(中略)

 金議長は「1948年の国連総会で、韓国が韓半島(朝鮮半島)の唯一の合法政府であることを決め、憲法にも韓国領土は韓半島とその付属島しょだと規定されている。韓国政府は、韓国の同意なしに北朝鮮地域でどのような軍事行動もできないことを日本に強く周知させなければならない」と強調した。
(引用ここまで)

 韓半島(朝鮮半島)分断の責任の所在について、日本政府の公式の立場は「日本には責任なし」というものだ。(中略)

 韓国は、日本から謝罪を受け、責任を問いただすべき数多くの歴史的傷を負っている。その中でも、南北分断は最も痛々しく忍びない傷だ。(中略)

 しかし、いかなる歴史観、いかなる解釈によろうとも、日本の責任が免除されるはずはない。韓半島の分断は、突き詰めれば日本の帝国主義侵略から始まったからだ。(中略)

 日本は、単に分断の原因を提供しただけではない。戦後、日本は南北分断の状況を楽しみ、それに便乗して国家利益を最大限手に入れてもいる。(中略)

 「韓国の有効支配範囲は休戦ラインの南側」という中谷防衛大臣の発言が、韓国の胸を刺した。国際法の論理や友邦に対する礼儀は別にして、その根底に流れる歴史観にはあぜんとする。日本の帝国主義侵略により、韓国はいまだ分断の苦痛で苦しんでいる。良心ある正常な国家なら、気の毒に感じてまず分断解消を支援してこそ正しい。なのに日本政府は、まるで人ごとのように知らぬふりをし、神経を逆なですることを言って回っている。
(引用ここまで)



 日本で感じているよりもこの中谷防衛相の発言、かなり韓国では大きくピックアップされています。
 韓国のアイデンティティのひとつである「韓国の領土は朝鮮半島全土」に触れて、かつコンプレックスである「自身の手で独立を果たせなかった」ことにつながり、さらに仇敵でもある日本によって朝鮮戦争で救われた側面をくすぐってもいるのですよね。
 日本人が正面切って南北分断に触れるということは、そういうことなのです。
 そりゃま、炎上もします。大炎上です。

 でも中谷防衛相がそれをまったく意識していないところがいいですね。
 単純に正論を述べているだけっていうのがまた韓国人のしゃくに障る部分なのです。
 まさに中谷無双状態。
 しかも、本人にはその意識がないっていう。

 最初にこの発言を聞いたとき「ああ、こりゃ韓国人は怒り狂うなぁ」って思っていたのですが、まったくもってその通りになってしまいました。
 ここでさらに「朝鮮戦争で日本が儲けた? それがいけないってんなら、日本からの物資なしで北から統一されたほうがよかったってことか?」くらいのことを言ってやるとよいのですけどね。
 もはや韓国がなにを言ってきても軽く受け流すことができるようになったことを見せつけるためにも、意識していない(ように見せている)軽口を投げかけてやればいいのです。

 たぶん、これが20世紀だったら中谷防衛相は罷免されていましたよ。
 いや、本気の話。
 形式上は自分から辞表を出して……というようにして詰め腹を切らされていたでしょうけども。事実上の罷免。
 ちょうど1995年に江藤隆美総務庁長官がやられたように。  あれは村山内閣だったからという側面も小さくないかな。

 でも、日本はもうそんな圧力には屈しない。そういうことを見せつけるためにもなんらかのリアクションをしたほうがいいと思います。
 菅官房長官あたりがうっかり「韓国の実行支配地域は南側であると承知しております」くらいに言っちゃうとさらに面白いことになるかな。

 本来、今回の中谷防衛相の韓国派遣はGSOMIAの締結に向けた下準備という面も大きかったのですよ。
 アメリカが主導する日米韓三カ国の対中包囲網の再構築を将来に見据えていた日韓防衛相会談で、3日間も滞在していたのですが。
 むしろ問題を大きくするだけして帰ってきましたね。
 いい仕事をしてくれました。日本としては「なんでいまさら韓国と……」っていうのが本音ですから。
 韓国としても「ニホンガー」が叫べるいい機会、言ってみれば渡りに船じゃないでしょうかね。