韓国製T50練習機、米反対でウズベク向け輸出が白紙に(朝鮮日報)
 韓国製の超音速高等練習機T50のウズベキスタン向け輸出が、米国政府の反対で事実上白紙になったことが、23日までに分かった。韓国政府の消息筋は「T50のメーカー、韓国航空宇宙産業(KAI)は、ウズベキスタン政府と輸出交渉を繰り広げたが、最近米国政府が技術流出および外交政策上の理由などから反対の立場を示したようだ」と語った。契約規模は12機、4億ドル(現在のレートで約486億円)相当と予想されていた。

 T50は、米国ロッキード・マーチン社の技術支援を受けて開発された。航空電子装備やエンジンなど、ほとんどの中心技術は米国産だ。このため、米国の武器輸出コントロール法などの適用を受け、輸出はもちろん、外国で展示する際にも米国政府の承認を受けなければならない。T50をインドネシア、イラク、フィリピン、タイに輸出した際には、米国の許諾を得た。また米国政府は、技術流出問題だけでなく、T50がウズベキスタンに輸出された場合、周辺国との緊張関係を招きかねないという点も懸念しているという。

 KAIだけでなく韓国国防部(省に相当)や防衛事業庁、韓国空軍も、ウズベキスタンにT50を輸出するため骨を折ってきた。今年5月に韓国の朴槿恵(パク・クンヘ)大統領とウズベキスタンのイスラム・カリモフ大統領の首脳会談が行われた際にも、この問題が取り上げられたという。さらに首脳会談に先立つ今年4月には、ウズベキスタンの国防相が7年ぶりに韓国を訪れ、韓国国防部の韓民求(ハン・ミング)長官と軍事教育面での交流協力に関する了解覚書を締結、T50の軽攻撃機モデル「FA50」のシミュレーターに自ら搭乗したこともあった。KAI側は「米国政府は輸出を承認しなかったが、ウズベキスタン側では依然T50の配備を希望していることから、米国を説得する作業に乗り出す」と語った。
(引用ここまで)

 中国でのT-50Bを使ったアクロバット飛行禁止に続いて、アメリカからのクレームでウズベキスタンへの輸出が中止。
 韓国ではこのT-50も「韓国独自技術で製造された超音速練習機」ということになっているのですが、その実はガワだけが新造されたミニミニF-16なのですよね。
 なもので、こうして輸出や搬出にアメリカから待ったがかかってしまう。

 イ・ミョンバク時代の韓国政府は次世代の輸出品として高速鉄道、原子炉、武器輸出を三本柱として考えていたようなのです。
 高速鉄道はブラジル政府の出したバカみたいな条件すら呑もうとしたのだけども、けっきょくはブラジル政府に「韓国だけしか入札しないんで今回はパスってことで」と猫またぎ
 そして、原子炉輸出はあれやこれやとUAEに足元を見られまくって、さまざまな条件をつけられた上で期日までに国内の原発を稼働できずに絶賛違約金支払い中
 そして武器輸出はアメリカからちょくちょくストップがかかる、と。

 これまで日本から技術を吸い上げることができた分野では協力を得たり、技術を違法に取得するなりしてそこそこの成果を上げてきたのですが、オリジナルの技術が必要とされる局面ではこうなってしまう。
 言ってしまえば中進国としての限界であり、かつ技術開発を怠ってきたツケが回ってきただけの話なのですよ。
 KFXの騒ぎも今回の輸出不許可とまったく同じ構造になると思われます。
 もちろん、それ以前に完成させることができれば……という高いハードルがあるのですけどね。