韓国製造業、昨年の売り上げ史上初の「後退」
【社説】韓国製造業、初のマイナス成長が示す構造的問題(朝鮮日報)
韓国内の製造業者の昨年の売り上げが史上初めて減少した。全体企業3社中1社は利益から利子費用も出せない限界企業であることが分かった。

韓国銀行が27日発表した「2014年企業経営分析」によれば昨年の国内企業の売り上げ増加率は1.3%で前年(2.1%)よりも大きく鈍化した。国税庁に法人税を申告した営利法人(金融保険業除く)53万641カ所を分析した結果だ。

製造業者の売り上げ増加率はマイナス1.6%で前年の0.5%から減少に転じた。この調査を始めた1961年以降、初めてのマイナスだ。米国(2.4%)日本(2.8%)の製造業と比較すると不振がさらに目立った。

パク・ソンビン韓銀企業統計チーム長は「為替レートと原材料価格が下落してスマートフォンの売り上げが減少しながら製造業の売り上げが減少したものと分析される」と説明した。昨年のウォン・ドル為替レートは1ドル=平均1053ウォンで2013年(1095ウォン)よりも3.8%のウォン高となった。日本円に対してもウォン高となって輸出企業の価格競争力が打撃を受けた。 (中略)

売り上げ対比営業利益率は4.1%から4.0%に落ちた。企業が製品1000ウォン分を売った時に税金と費用を除いて稼いだ金が40ウォンに過ぎなかったという意味だ。売り上げ営業利益率は2010年5.3%から2011年に4.5%に急落した後、粘り強い下落傾向だ。大企業の売り上げ営業利益率が4.7%から4.4%に0.3ポイント下落した。中小企業は3.2%から3.1%に落ちた。

収益で金融コストを充当できるのかを示す利子補償費率が100%未満である「限界企業」は全体の32.1%を占めた。前年の31.3%よりもその比重が高まった。

対象企業は借入金と会社債の残額がないか利子費用が「ゼロ」である企業、不動産・賃貸業を除く企業など26万社だ。このうち約8万社の企業が利子をまともに返済できないのだ。
(引用ここまで)
 2010年時点で韓国の製造業売上高が18%以上成長していた。しかし、それから4年でマイナスに転落した。11年の欧州金融危機以降、世界貿易の規模が横ばいで推移したことが主因だ。米国を除く先進国経済は今も0%台にとどまり、周囲には商品を勝ってくれる国は決して多くない。しかし、経済専門家は韓国製造業の後退を2−3年後と予想していた。それが急に到来した格好だ。

 業種別の実績はさらに衝撃的だ。携帯電話、家電製品、鉄鋼の売り上げが軒並み10%以上減少した。船舶、自動車も6%以上落ち込んだ。輸出主力業種がいずれも不振だ。最近には30大企業グループの系列企業の20%が営業利益で利払いも賄えないという分析も示された。存在する理由がない企業だ。状況が改善する兆しも見えない。韓国の貿易全体の25%を占める中国の経済が8月以降、完全に減速している。韓国の輸出は今年2月以降、8カ月連続で減少を続けている。昨年に続き今年も製造業売上高が減少しかねないとの懸念は既に示されている。(中略)

 しかし、製造業成功の方程式は寿命を迎えたとの警告が以前から出ていた。韓国は先進国に並ぶ技術を確保できない状態で中国の急激な追い上げを受けるようになった。社会的対立やモラルハザードがまん延し、直接・間接の生産コスト、非効率があまりに大きくなった。一時的な問題ではなく、構造的な問題であり、このまま手をこまぬいていれば破局を迎えるのは明らかだ。
(引用ここまで)

 韓国の不思議な経済構造のひとつとして、いまだに製造業中心でサービス業の割合が低いということが挙げられます。
 2010年時点で製造業がGDPの約50%を占め、サービス業が40%ていど。しかも、前回調査の2005年に比べて製造業の割合が上昇し、サービス業の割合は低下するという状況なのです。
 ちなみにOECD平均で製造業26%、サービス業59%。日本はサービス業が約7割とされてます。

 つまり、先進国型のサービス業中心の形態に移行できていないのですね。いまだに輸出のみの外需一本槍の経済構造を持ち続けているわけです。
 そんな段階で、すでに製造業の売上が減少していたというお話。ちなみに今年の話ではなく、去年の統計。

 その結果として全体の1/3が営業利益で利払いすらできなくなった。韓国経済を一手に担うとされている30大財閥ですら、20%が利払いできない状況。
 いわゆる「ゾンビ企業」が蔓延しているのですね。

 で、その主原因が「スマートフォンの売上が減少した」っていうのがまたね……。
 どんだけ一本足打法なのやら。
 しかも、これが韓国……というかサムスン電子のスマートフォン売上の減少が目立ちはじめた去年の統計であることが恐ろしいですね。

 外需一本槍、スマートフォン一本槍で我が世の春を謳歌してきたのですが、その構造が反転すると崩壊も早いということですね。いやぁ、他山の石としたいな。