首相 慰安婦問題で合意すれば再提議なしに(NHK)
安倍総理大臣は、2日夜、民放のBSの番組で、いわゆる従軍慰安婦の問題について、「大切なことは、お互いに合意すればそのあとは問題を再び提議しないということだ」と述べたうえで、韓国側との協議を加速し早期解決を目指す考えを示しました。(中略)

そのうえで安倍総理大臣は、従軍慰安婦の問題について、「現実に日韓の間の障害になっているのは事実だ。日本の基本的立場は変わらず、お互いの国民が完全に納得できることは難しいが、交渉を続けるなかで、一致点を見いだすこともできる」と述べ、協議を加速し早期解決を目指す考えを示しました。
そして、安倍総理大臣は「多くの日本の方々は、韓国側の対応を『ゴールポストが動いている』と思っている。大切なことは、お互いに合意すればそのあとは問題を再び提議しないということだ。政権が代わるたびに問題が提議されることがないようにしなければならず、合意、妥結ということは、そういうことだと思っている」と述べました。
(引用ここまで)

 あら、安倍総理自ら「韓国はゴールポストを動かす国だ」って話をしていますね。
 かつてはこうやって韓国を貶めるような話は許されなかったのですよ。アンタッチャブルだったのです。
 「併合時には日本はいいこともした」って話しただけで罷免されたのですからね。
 でも、いまはこうやって行政の長が自ら「あの国はダメだって思うでしょ? そうなんだよねー」くらいの話をできるようになった。
 どっちが健全であるか、言うまでもないですね。

 さて、微妙に話題が出ている「人道的援助を行い、それを最後にするという」案。
 そもそも、河野談話自体が「これで慰安婦問題はもう出しません」という合意の元に出されたものだったのですよ。
 で、その後どうなったかはご存じの通り。
 むしろ、「とうとう日本政府が認めた!」という宣伝材料にされたわけですね。

 あのとき、最大の失敗は表に出さない形で「最終解決にしよう」という手打ちを行ったことだったのですよ。
 最低限、時の大統領に宣言させて、さらに条約化して、かつ破ったときに罰則を科すのであればありかな。
 すべての慰安婦像の撤去と、水曜日の抗議集会の終了も組み入れて。

 それでも、慰安婦問題はあくまでも「韓国が日本よりも上に位置することを確認するための外交カード」なので、なんらかの形で復活するでしょうけどね。
 実際のところ、それ自体は問題の本質じゃない。

 世界遺産の時も「韓国にしてやられた! もう終わりだ」みたいに騒いでいた連中がけっこういましたが、うちでは「この毒の外交は韓国自身の身に廻る」という話をしました。
 正直、2〜3年後のことを想定していたのですが、実際にはわずか半年後にこのときのことが原因で日本は首脳会談に及んでも頑なな態度を崩さなかった。

 おそらくまず間違いなく韓国は慰安婦案件を復活させます。
 そのことを想定した上で、どう対応するかが本当の問題なのですよね。

 慰安婦案件を復活させた韓国をどうやって非難するか、その手段を前もって用意できるかどうか。
 それを組み入れた上であればやってもいいと思うのですが。

君主論〈新訳〉 (中公文庫BIBLIO)
マキアヴェリ
中央公論新社
2014-02-07