南シナ海:ASEAN揺るがす米中対立、韓国の「戦略的中立」も危機(朝鮮日報)
 米中確執の核心である南シナ海問題に関連した「選択の瞬間」に、韓国は中国の目の前で米国の味方をした。

 韓国国防部(省に相当)の韓民求(ハン・ミング)長官は4日、マレーシアのクアラルンプールで開かれた第3回東南アジア諸国連合(ASEAN)国防相会議(ADMMプラス)で、米中が真正面からぶつかった共同宣言文に関連、「南シナ海での航行と上空飛行の自由は保障されなければならない」という文言を加えるべきだという米国の主張に賛成していたことが分かった。バラク・オバマ米大統領が先月の韓米首脳会談直後に行った記者会見で、南シナ海問題に対する韓国の「選択」を要求して以降、韓国政府当局者が米中の前で南シナ海問題に対する見解を表明したのは初めてだ。 (中略)

 同会議にはASEAN加盟10カ国と韓国・米国・中国・日本など8カ国が出席した。会議開始前から参加国が南シナ海問題について合意を見いだせるかどうかが注目されていた。現在フィリピン・ベトナム・マレーシア・ブルネイの4カ国が南シナ海で中国と領有権を争っている。この4カ国と米国・日本・オーストラリアなどは同日、「航行・飛行の自由を保障し、紛争が起きた際は武力や威嚇で解決しないという行動規範を作らなければならない」と主張、同様の内容を共同宣言にも反映させようとした。中国を取り囲む「1対多数」で圧力を加える構図を作ったのだ。韓民求長官もこれに加わったことになる。 (中略)

 韓国政府は最近まで南シナ海問題について非常に慎重な姿勢を見せてきた。避けられない状況でなければ見解表明を控えていたし、見解を表明するにしても中立的な姿勢を維持していた。安保は米国、経済は中国に絶対的な影響を受ける状況で、どちらか一方の味方になることが外交的に負担だったのは事実だったためだ。

 同日の韓民求長官の言動が南シナ海問題に対する韓国政府の見解の変化を反映したものかどうかははっきりしない。韓民求長官が韓米軍事同盟を誰よりも重視すべき国防長官であることを考慮しなければならないという声もある。ただ、最近のオバマ大統領、カーター国防長官、日本の安倍晋三首相の相次ぐ南シナ海問題言及に対し、「韓国政府の『戦略的中立』基調は追い詰められているのではないか」との見方もある。
(引用ここまで)

 韓国の国防部長官がASEAN+の国防相会議で「南シナ海での航行の自由は確保されるべき」と発言したそうです。  これをもって韓国では「中国に物申した!」って意見が大きいのです。

 でも言っている中味は以前から大統領府が言っているていどの態度表明なのですよね。ASEAN+の国防相会議で、かつ中国の目の前でというのは大きなポイントだとは思いますが。
 それでも「人工島は領土領海には含まれない」という話はしていない。
 韓国としては中国を裏切ることなく、かつアメリカの要求に応えるというぎりぎりのラインを狙ったつもりなのでしょう。

 でも、その態度は中国から見たら「反抗だな?」と思われ、日本やアメリカからしてみれば「物足りない」というものなのですよね。
 以前から韓国は自己評価で「外交上手」を自認しているのですが、実際にはそうでもないというか……むしろヘタを打っていることのほうが多いように思われます。
 今回も同様で。
 原則論だけでは日米からの信頼を勝ち取れない。一方で子分だと思っていた中国からはにらまれる。

 最大の問題は、こうやって発言したからといって南シナ海事態が終結していないということなのですよね。
 これからも態度を問われ続けるのは間違いない。
 かつては「中国からもアメリカからもラブコールを送られている韓国はモテモテだ!」と外相自らコメントしていたものですが。
 こちらからは刻一刻と追い詰められているようにしか見えませんね。
 もてる男は辛いってヤツかもしれないですね(笑)。

斎藤一人 モテモテ道
宮本 真由美
PHP研究所
2015-03-03