日本は嫌韓・嫌中 中国は親韓・反日の傾向=韓国調査(聯合ニュース)
 韓日中が先ごろ3年半ぶりとなる首脳会談を開き協力体制の回復に乗り出したが、3カ国の国民の間では総じて相手国に対し好感よりも嫌悪感が強いことが8日、分かった。

 韓国外交部が民間企業に依頼し、海外14カ国の成人5600人(1カ国当たりの有効標本400人)を対象に昨年10月から11月にかけ実施したオンラインアンケートで、中国国民は「親韓・反日」感情を抱いており、日本国民は「嫌韓・嫌中」意識が強いとの結果が出た。

 調査対象国は中国、日本のほか、インドネシア、フィリピン、マレーシア、タイ、ロシア、英国、イタリア、フランス、オランダ、スペイン、ルーマニア、米国。相手国に対する5点満点の評価で、4〜5点とすれば「好感」、1〜2点なら「嫌悪」と分類した。

 調査によると、日本国民の5.8%が中国に対し、14.0%が韓国に対し好感を示した。中国国民は35.3%が日本に対し、65.8%が韓国に対し好感を抱いていた。

 相手国に対する好感度の低さは、嫌悪感の高さとして表れた。日本国民の77.7%が中国を、中国国民の41.7%が日本に嫌悪感を示した。

 韓国を嫌悪しているとの回答は、日本国民では59.7%だったのに対し、中国国民では9.0%にとどまった。韓日関係が悪化の一途をたどってきたのに対し、韓中関係は継続的に改善しているためとみられる。

 今回の調査は国際社会での韓国のイメージを把握することが目的で、韓国国民は調査対象となっていない。だが、昨年のBBCワールドサービスなどの調査では、韓国国民の56%が中国に対し、79%が日本に対し嫌悪感を示した。

 今回の調査から、日中間の相手国に対する嫌悪感に比べ、両国の韓国に対する警戒心は相対的に低いことが分かり、北東アジアの協力体制を築く上で韓国の役割が重要と指摘される。

 一方、中国と日本を除く12カ国の国民の韓国と中国、日本に対する国家イメージ調査では、日本(好感63.7%、嫌悪7.9%)、韓国(好感46.6%、嫌悪18.4%)、中国(好感32.9%、嫌悪29.0%)の順で肯定的な評価が多かった。

 韓国に対する好感度が最も高かったのはマレーシア(72.7%)で、最も低かったのは日本(14.3%)だった。外交部はこの結果を広報外交の戦略樹立などに活用する方針だ。
(引用ここまで)

 韓国を「嫌悪」していると感情的にど真ん中の項目であってですら、「韓国が嫌い」とはっきり答えているのが現状をよく現していますね。
 内閣府の外交に関する調査では「この国に親しみを感じますか、感じませんか」なのですよね。
 それで去年の数字は66.4%が「親しみを感じない」でした。
 今年6月に発表された読売新聞の数字でもほぼ似た設問で、ほぼ同じパーセンテージ。
 この状況を見て鈴置氏は「嫌韓こそがニューノーマル」というセリフを残しました。
 言葉を換えるなら国民総ネトウヨ化、ですかね。

 んで、今日はこの状況に関する韓国側の、そして「親韓論者」の勘違いを指摘しておこうかなと。
 記事とはあまり関係ないのですが。

 韓国人の多くは「日本人は経済的に豊かになってきた韓国に対して焦りを感じている。かつては格下であった韓国人が同格になったからこそ嫌韓に転じたのだ」という話をしていますね。
 親韓と見られる論者も似たような話をよくします。
 それこそ「中国傾倒がアメリカで語られているのは日本人によるロビー活動であることはよく知られている」のと同じように、それが日本人が嫌韓にターンした唯一の事実であるように語られています。

 絶対的に違うのですよね。

 

 このグラフを見ても分かるように、2007年のノ・ムヒョンご乱心時ですら「親しみを感じる」のほうが上回っていて、その後の2011年までの4年間は右肩上がり。
 「経済的に成長する韓国に対して焦りを感じた日本人」という構図では、2010年、2011年時点で「親しみを感じる」が62%ほどだったことに説明がつかないのですよね。
 21世紀に入ってからこっち、製造業は相当にぶつかり合っていたことは間違いないのです。
 にも関わらず、圧倒的な嫌韓に転じたのは2012年。

 どう考えたってきっかけはイ・ミョンバクの天皇陛下への謝罪要求であり、その傾向が継続しているのは日本人が韓国というものを知ってしまったからなのです。
 安倍政権が日本人を嫌韓に引っぱっていったっていうのも嘘。2012年はまだ民主党政権でしたから。
 この年の内閣府による外交に関する調査の調査時期というのがまた絶妙で。
 イ・ミョンバクの謝罪要求があったあとであり、政権奪還の前である10月だったのですよ。

 日本人が圧倒的な嫌韓に転じたきっかけを証明できるんじゃないでしょうか。
 少なくとも「韓国人への焦り」や「嫉妬」が原因ではないと思いますけどね。