韓国人の即席麺消費量が世界最多 1人年76食(聯合ニュース)
 韓国農林畜産食品部と韓国農水産食品流通公社(aT)が11日発表した報告書によると、昨年の韓国人1人当たりの即席麺消費量は76食で、世界最多となった。

 韓国人1人当たりの麺類の年間消費量は13.3キロで、このうち即席麺が69%で最多。即席麺1袋(1カップ)当たりを平均120グラムとして換算すると、1人当たり約76食となる計算だ。

 1人当たりの消費量が2番目に多かったのはベトナムで55.1食。次いでインドネシアが52.8食、タイが45.3食となり、韓国が2位以下を引き離した。

 即席麺の小売り市場の規模は1兆9000億ウォン(約2020億円)で、このうち量販店が25%を占めた。

 即席麺の消費が多い理由について農林畜産食品部は、単身世帯の急増により簡単に食べられる食品を好む消費者が増えているためと分析している。
(引用ここまで)

 去年も同じ統計がありまして。
 そのときは1年に74食ということでした。……増えてますね。
 だいたい、1週間に1.5食。これは国民すべてのならしての数字なので、赤ん坊などを除いた実数はもうちょっと多いかなというところ。
 以前にロッテマートで見たときには5袋入りのパックで3200ウォン弱といったところでした。
 一袋60円ちょっとって感覚ですかね。



 以前に調べたときは日本は年間43食ほどでした。ざっくり8.5日に1食。
 日本と韓国では消費傾向に大きな違いがありまして。
 韓国では袋麺が主流で、日本はカップめんが主流なのだそうです。
 韓国での主たる要因は値段、ですかね。
 韓国でインスタントラーメンが値上げになるという報道がされたあとに、カートに箱をいくつも重ねている主婦の姿が報道されていました。

 発展途上国ではインスタントラーメンも食べられないだろう、というのは考えられることですね。
 さりとて先進国がそんなにインスタントラーメンを食べるのかといえばそれも考えにくい。
 一人あたりインスタントラーメンを世界で一番消費する国、というのは韓国の立ち位置というものを如実に表している気がしますね。