【萬物相】就活向け加工写真の弊害(朝鮮日報)
 ある企業の採用面接で起こった出来事だ。ムン・アムゲさんは面接官が自分の名前を呼び、質問したのに対し、正直に答えた。ところが、面接官はおかしな目つきでムンさんを見て「私はムン・アムゲさんに尋ねています」と言った。ムンさんが「私がムン・アムゲですが」と言うと、驚いた面接官が別の志願者に「あなたがムン・アムゲさんではないのか」と聞いた。これは志願書に貼り付けられた二人の女性の写真があまりにも似ていたために起こったハプニングだった。二人ともフォトショップ(画像編集ソフト)を使いこなすことで有名なソウル市内の写真館で証明写真を撮ったのがあだになった。

 何かに名前を付けるのが好きな若者たちは、この一件を「フォ卵性双生児」と呼んだ。「フォトショップが生んだ一卵性双生児」という意味だ。(中略)

 「偽の顔写真」のために最も混乱を余儀なくされているのは企業だ。志願書の写真と、筆記試験会場や面接会場に現れた志願者の顔があまりにも違うからだ。韓国銀行は苦慮の末、志願者に対し手書きで字を書かせ「本人確認」をすることにしたという。預金保険公社は自己紹介書に書いた内容を出し抜けに尋ね、本人かどうかを確認しているという。輸出入銀行は筆記試験の日に志願者の顔を携帯電話のカメラで撮影し、面接の日に本人かどうかを確認するという。実に涙ぐましい努力だ。
(引用ここまで)

 韓国では普通の光景ですね。
 就職のためのスペック争いで常に優先される項目として「顔面偏差値」があるのですが、その解決策が整形であることはかなり有名です。
 実際の顔面加工が予算的な問題でできずに、履歴書の写真しか加工できなかったと見るべきでしょう。

 写真館で加工を依頼すると、どうしても加工する人間のくせが出てしまうのですよ。
 目の広げかたとか輪郭の削りかたとかね。流れ作業ですから、右から左にちょちょいとやってしまうのです。
 似ているかどうかとか検証なしなのでしょうね。

 写真と本人が乖離しているので、本人確認のための手段が発達するっていうのも韓国ならではですかね。
 TOEICの替え玉受験とかで受験票にPhotoshop加工が使われていそうなものなのですが。

 スマートフォンのアプリでも韓国製のものがすごい盛れると自撮り女子に有名なのですが。 
 スライダーを最大にすると誰でも同じ顔になれるそうですよ(笑)。