<プレミア12>配慮がない大会日程、韓国選手に疲労にじむ(中央日報)
配慮のないプレミア12大会日程は選手に相当な疲労感を与えている。

韓国代表を乗せた台湾発の飛行機は18日午前11時9分、東京の羽田空港に着陸した。野球道具やユニホームなど大量の荷物をまとめなければならないため、韓国の選手団は着陸後30分ほど経過してから姿を現した。宣銅烈(ソン・ドンヨル)やイ・スンチョルなどコーチングスタッフが先に出てきた。李大浩(イ・デホ)、姜ミン鎬(カン・ミンホ)、朴炳鎬(パク・ビョンホ)など選手が後に続いた。

代表チームのコーチングスタッフと選手団の顔からは疲労感がにじみ出ていた。取材陣の質問に軽くあいさつをした後、「疲れた」という言葉を繰り返した。移動スケジュールを見れば疲労するのも分かる。韓国代表はこの日午前7時30分、日本行きの飛行機に乗って台湾を離れた。空港に行くために選手は午前4時に起床した。午前4時30分に宿舎を出た選手は5時に台湾の空港に到着し、手続きを行った。3時間のフライトだが、飛行機の座席では十分に休めるはずがない。

イ・スンチョル打撃コーチは「落ち着ける時間がない。眠気に襲われて苦しい」と首を横に振った。黄載鈞(ファン・ジェギュン)は大谷攻略に関する取材陣の質問に対し、「大谷について考える暇がない。眠れなかった。睡眠も取れずに移動させられるとは」と不満を表した。孫児葉(ソン・アソプ)は「疲れているが我慢している」と言って笑顔を作った。閔炳憲(ミン・ビョンホン)は「眠いうえに足まで痛くてつらい」と語った。

韓国代表は今大会の最初から殺人的な日程に苦しんでいる。日本の開幕戦パートナーに選ばれ、参加国のうち唯一、札幌で試合を行った。札幌での開幕戦は予選日程をタイトにさせた。韓国代表は予選2試合を行った後、一日休み、残りの予選2試合と準々決勝の3試合が続いた。準々決勝の場所は車で2時間ほどかかる台中インターコンチネンタル球場に変更された。

これだけではない。日本と準決勝で対戦することになると、大会組織委の一方的な日程変更があった。韓国と日本の準決勝は当初、20日午後に行われる予定だったため、韓国代表は18日午後の飛行機で東京入りする計画だった。しかし日本が21日に行われる決勝に向けた体力調整のため、日本の準決勝を無条件に19日に配置したことが明らかになった。このため韓国代表は18日未明から移動の準備をすることになった。日本は18日午後に日本入りする。
(引用ここまで)

 この時期にしろ、シーズン前のWBCのにしろ、韓国での試合は無理なのですよね。
 どうしたって11月でも20度前後になる温暖な台湾にするか、ドームのある日本でしか無理。

 前回のWBCも本来なら韓国でやろうって話だったのですが、気温の問題で台湾だったのですよ。
 韓国がそういう意味でのインフラを整備しないかぎり、こういうことは続かざるをえない。
 一応、ソウルにはドーム球場ができたのですがアリーナまで含めて2万人しか入らないミニ球場。野球の時には1万2000人しか入れない、外野席がひとつもない変則球場なのだそうで。

 自分のところのインフラは整備するつもりはまったくないくせに、こうやって文句だけは言う。
 世界的なイベントを開催できるようなインフラを整えて、誘致できるようになってから出直せよって話ですわ。

 あっと、準決勝で負けてしまいましたね。初戦では勢いがあったのですが、その若さが悪いほうに出てしまった感じです。
 今回の大会は世代交代っていう意味が大きかったからしょうがないかな。