慰安婦問題「像の撤去が妥結条件」 日韓会談で安倍首相(朝日新聞)
   ↓
安倍首相の慰安婦像撤去要求 「事実と異なる」=韓国(聯合ニュース)
 2日にソウルであった首脳会談で、首相と大統領は慰安婦問題の早期妥結を目指すことで一致。これまで続けていた外交当局の局長級協議などを加速することで合意した。日本政府関係者によると、首相は首脳会談の前半に行われた少人数会合の場で少女像の撤去を求めた。首相は、慰安婦問題は1965年の日韓請求権協定により、請求権に関する問題は解決済みとする従来の立場を強調。その上で、早期妥結には「慰安婦像の撤去が最低の条件だ」と伝えたという。

 日本政府内では、韓国側が少女像の撤去に応じれば、07年に解散した「女性のためのアジア平和国民基金」(アジア女性基金)のフォローアップ事業を拡充することを検討。首相本人が手紙を通じて元慰安婦たちにメッセージを送ることも選択肢としている。
(引用ここまで)
    ↓
韓国外交部の趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官は19日、安倍晋三首相が今月2日に開かれた朴槿恵(パク・クネ)大統領との首脳会談で、旧日本軍の慰安婦問題を妥結する条件として、ソウルの日本大使館前に建てられた慰安婦を象徴する少女像の撤去を求めたとする日本メディアの報道について、「事実と異なる」と述べた。

 定例会見で趙報道官は「両国首脳間の協議内容の詳細を明らかにすることは控えたい」とした上で、「(韓国)政府としては日本で事実と異なり、ねじ曲げられた報道が相次いでいることを遺憾に思う」と指摘した。

 両首脳は会談の前半に外相らを交えた少人数会合を行い、慰安婦問題を集中的に議論したとされる。

 韓国政府は、少女像は民間団体が設置したため、関与できないとの姿勢を堅持している。また、少女像の撤去が問題解決の前提条件になってはならず、撤去要求は「本末転倒」との立場を示している。
(引用ここまで)

 朝日新聞の報道は先日に既報されたものとほとんど変わりませんが、「法的責任はすでに解決済みで、あくまでも元慰安婦の人道的支援」であるというところが追加情報ですかね。
 人道的支援であればやるが、その条件は慰安婦像の撤去などをはじめとした「最終的な解決であることの保証」であるわけですね。
 んで、韓国側にも今回は大きく報道されたということで、外交部の報道官が公式コメントをせざるを得なくなったと。

 でもまぁ、そのコメントが木で鼻をくくったようなもので。
 「その報道は事実ではない」っていうだけ。
 言葉には出していませんが「あれだけ非公開だって言ったのに!」みたいな悲鳴が聞こえてくるかのようです。

 押してますね。明白に。
 日本側が公式の場で慰安婦像の撤去を韓国政府に求めるということは、いかに「あれは民間がやっていることだ」って言い連ねても、「我々はおまえらが関与していることを知っているぞ」という宣言でもあるのですよ。
 で、最終的な解決である保証を求めるので強気に出られる日本側と、その言質を取られたくない韓国側。
 完全に攻守の構図が逆転しているわけです。
 日本側としてはこのまま時間だけが経過していってもなんら問題なし。
 むしろ、韓国側が「最終的な解決」を求めていないことを理解した上での交渉戦術を取っているように見えます。

 情報のリークも同様で、「積極的な解決策を模索しようとしている日本政府」と「解決されたら困る韓国政府」という構図に持ち込めています。
 韓国の立場を逆手にとって攻勢をかけているのですね。

 韓国のやり口が戦略上手なものであるという論に対しては否定をしますが、日本が攻勢をかけられていたのは間違いない事実です。
 これまでは「常識で対応」してきたのが間違いなのですね。まともな外交をやってこないのだから、こちらも同様にすればいいということなのです。常識が邪魔をして、どうしても行動が制御されてきた側面があったのですが。
 世界遺産騒動がその思考の囲いを取っ払ってくれた感じです。

非常識のすすめ (角川書店単行本)
里崎 智也
KADOKAWA / 角川書店
2015-03-09