「帝国の慰安婦」著者を名誉毀損で在宅起訴=韓国検察(聯合ニュース)
韓国検察、元慰安婦の名誉毀損で大学教授を在宅起訴 「売春婦」の表現で(産経新聞)
韓国で出版された書籍「帝国の慰安婦」(原題)をめぐり、ソウル東部地検は19日、旧日本軍慰安婦に対する虚偽の事実を載せ慰安婦被害者の名誉を傷つけたとして、著者の朴裕河(パク・ユハ)世宗大教授(日本語日本文学科)を名誉毀損(きそん)の罪で在宅起訴したと明らかにした。

 ソウル近郊の施設「ナヌムの家」(京畿道広州市)で共同生活を送る慰安婦被害者11人は昨年6月、朴氏と出版社の代表を名誉毀損で刑事告訴すると同時に、出版と広告の差し止めを求める仮処分を申請していた。

 検察によると、朴氏は慰安婦の動員に関する事実を否定し、自発的に日本軍に協力したという趣旨で著述したことにより、公然と慰安婦被害者の名誉を毀損した。また、同書の「売春の枠組みに入る」や「日本国に愛国心を持ち、日本人兵士を精神的、身体的に慰安した日本軍の同志」などの記述は、客観的な記録と異なる虚偽の事実だと指摘した。

 日本の河野談話や国連の関連報告書、米下院の決議文などを確認したところ、慰安婦は性奴隷も同然の被害者で日本に協力しなかった事実が認められるにもかかわらず、朴氏がこれとは異なる虚偽の事実で被害者の人格と名誉を深く侵害し、学問の自由の範囲を逸脱したと、検察は強調した。

 出版社代表については、出版と編集に関し朴氏と話し合っただけで内容には関与しなかったとし、嫌疑なしとした。

 一方、出版と広告差し止めの仮処分申請を受け、裁判所は今年2月、「軍人の戦争遂行を助けた愛国女性」「自発的な売春婦」などと表現した部分を同書から削除しなければ軍慰安婦の名誉を損なう懸念があるとの判断を示している。朴氏は6月、問題となった部分を伏せ字にするなどした修正版をあらためて出版した。

 朴氏は昨年11月には日本で「帝国の慰安婦−植民地支配と記憶の闘争」という名で書籍を出版し、被害者らの反発を招いた。
(引用ここまで)

 産経新聞の加藤達也前ソウル支局長への名誉毀損裁判でもそうなのですけども。
 名誉毀損で刑事告訴して、裁判に持ちこむっていう手段が恐ろしいのですよね。
 これから同様のことをすれば刑事告訴されるぞという脅しなのです。

 産経新聞のコラムへのそれは脅しに加えて、韓国に対して正直な言論をしている産経新聞への嫌がらせっていう側面もあって一挙両得のつもりだったのでしょうね。
 実際にはアメリカ政府からすら「報道の自由は尊重されるべき」ってコメントをされてしまうほどに、韓国の未開さを見せつける事象となってしまったのですが。

 今回の「帝国の慰安婦」への名誉毀損も同様に、著者を高く吊し上げることで同じような学術研究を禁じるための圧力です。
 「慰安婦問題について事実を探求するな」というアナウンス以外のなにものでもないのですよ。

 そもそも「帝国の慰安婦」という著書は慰安婦について研究してきたら「あれ、これはどうも韓国でいわれてきていることは違うなぁ」というようになって発表された本であるとは聞いています。
 手元にはあるのですがざっくりとしか読んでいませんでしたね。
 韓国政府がこう扱うということは、逆説的にそこにいくばくかの真実があるということなのでしょう。きっちり読んでみるかな。

奴らを高く吊るせ! [DVD]
クリント・イーストウッド
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2011-06-22