韓国国民が知らないデモ隊の暴力、投稿動画が話題に(朝鮮日報)
 ソウル市中心部の光化門や市庁周辺などで14日に行われた労働団体や市民団体による「民衆総決起」デモでの暴力行為を収めた動画がユーチューブ(動画投稿サイト)に掲載され、大きな話題を呼んでいる。

 動画には、デモ参加者が警察官に石を投げつけたり、鉄のはしごなどで機動隊バスを攻撃したりする様子が映っている。投稿2日後の16日午後の時点で視聴回数は約5万8000回を数え「公権力をばかにした揚げ句に打ちのめそうとするデモ隊の姿に衝撃を受けた」といったコメント800件余りが寄せられた。

 この動画を投稿したのは、義務警察官(兵役の代わりに警察に勤務する警察官)を務めた20代の青年だ。彼は14日、ソウル中心部での暴力デモがピークに達した午後7時から約2時間にわたり、デモ隊に混じってその様子を撮影し、4分48秒の動画にまとめて投稿した。動画で、デモ隊は鉄のはしごや鉄パイプを繰り返し機動隊バスの窓ガラスにぶつけたり、警察官を狙ってスリングショット(パチンコ)で工業用ボルトを撃ち込んだりした。機動隊バスの上で盾を手に立っている警察官に向かい、歩道ブロックを叩き割った石を投げつけたり、バスを揺らして警察官らを落とそうとしたりする様子も映っている。数十人のデモ隊に一斉にバスを揺らされ、警察官たちがふらつく場面も見られた。

 名門大学のロゴが入ったジャンパーを着た青年が「(火をつける)シンナーがありません」と言ったのに対し、ある40代の男性が「買ってくればいいだろう!」と叫び返すやりとりも収められていた。デモ隊はこの日、燃えた新聞紙をバスの中に投げ込むなどして放火しようとしたが、このやりとりから察するに偶発的な行動ではなかったようだ。

 16日、この動画を撮影したAさんにインタビューを行った。彼は2007年から2年間、ソウルのある警察機動隊で義務警察官を務め、08年にソウル中心部で米国産牛肉輸入反対デモが起きた際も警察官として市民と対峙(たいじ)した。Aさんは「08年のデモのときも、義務警察官たちは数時間にわたり暴力的なデモ隊に鉄パイプで攻撃された。ついに耐え切れなくなり検挙命令が下り、一部の過激なデモ参加者だけを連行したにもかかわらず、インターネット上では『罪のないデモ隊を攻撃した暴力警察』などと罵倒された」と振り返った。

 この動画を撮影したのは、08年のデモ以来、最大規模となるデモがソウル中心部で行われると知り、後輩の義務警察官たちが受ける苦しみを記録に残し、人々に見せたかったためだ。Aさんは「ネットに投稿されるデモの動画には、警察が放水砲を噴射する様子は映っていても、放水砲を噴射するまでにデモ隊が行った暴力行為はきちんと映っていない」と指摘。韓国社会のこうした姿に「鬱憤(うっぷん)が溜まっていた」といい「一般の人々に暴力的なデモ隊の実態をきちんと知ってほしい」と訴えた。今回のデモでは暴力行為により警察官113人が負傷した。この5年間、大小さまざまなデモで負傷した警察官は計608人に上る。

 Aさんの動画が急速に広まると、その身元を暴こうとするネットユーザーも現れた。あるウェブサイトには「(Aさんの)近くで撮影者(Aさん)を映した動画を求む」「テレビのニュースなどをよく見れば誰か特定できる」などと、Aさんを見つけ出そうとする書き込みが掲載されている。これに対し、Aさんは「頭巾(ずきん)で顔を隠して暴力を振るう犯罪者たちを探すべきなのに、彼らが登場する動画の撮影者を見つけ出そうとするなんておかしい」と反論した。「集会の場所と時間を守って平和的にデモを行うなら誰も何も言わないだろうが、今回のように違法・暴力的なデモに変質するなら話は別だ」と、重ねて批判した。

 今回の暴力デモを呼び掛けた全国民主労働組合総連盟(民主労総)や韓国進歩連帯などは12月5日にソウル中心部で2度目のデモを行うと予告しているが、Aさんはこの日も現場に出て撮影する考えだ。Aさんは「韓国のデモ隊の暴力を義務警察官はよく分かっているが、一般国民はあまり知らない。一部デモ隊の暴力の実態を全てさらけ出すまで、動画を撮影し続けたい」と語った。
(引用ここまで)

 あんまり面白いニュースでもないのですが、なにがあったかは書き留めておこうかなということで。
 記事中のAさんが撮影した動画というのがどれなのかは分からなかったのですが、おおよそどういうことがあったのかは下の動画で分かると思います。



 延々となにかを引っぱる作業をしているのですが、これは道路を封鎖している警察のバス車輌を引っぱって封鎖を突破しようということですね。
 デモが許可されている広場から大統領府に向かうためにやっているのです。
 んで、それを阻止するために警官隊が放水をしていると。
 この放水が農民に直撃して、空手家のパンチを食らったのと同じ〜って話になったわけです。
 最後のほうにはボロボロになった警察車輌が見えていますが、これは途中で出てきた金属はしごで殴打しまくった成果です。

 このデモが民主労総とかに言わせると「完璧に合法で平和主義のデモ」なのだそうですよ。
 まあ、確かに80年代の韓国のデモなんて火炎瓶と催涙弾がびゅんびゅん行き交っていたので、平和主義に基づいているって言ってもそれほどの嘘ではないかもしれませんが。
 ちなみにこの警備についている盾を持っている警察官は徴兵で引っぱられたちょっと前まで学生だった男子がほとんどだったりします。
 デモ鎮圧はかなり危険なのだそうですよ。

 このデモ、お題目は国定教科書制定反対なのだそうで、12月5日にもう一度やるんだそうです。