元ヤクルト投手 林昌勇の遠征賭博、なぜ韓国では違法? 「パスポート」と「外為」の問題も(WowKorea!)
元ヤクルト投手の林昌勇(イム・チャンヨン、37歳)が「海外遠征賭博」の容疑で韓国検察の調査を受け、在宅起訴が予測されている。

 検察は、林昌勇選手の賭博額が娯楽レベルを越えたとみて司法処理する方向を決めた。しかし、マカオのカジノでのギャンブルが違法になっている理由に対して、疑問を持つ人も多い。

 韓国の刑法には、賭博に対する処罰の規定がある。ただし、一時的な娯楽に過ぎない場合は例外としている。「一時的」の解釈はあいまいではあるが、起訴された場合、法廷で賭博の興味性、場所、社会的地位、財産の程度などを勘案し、総合的に判断している。

 賭博で裁かれた場合は、500万ウォン(約50万円)以下の罰金または科料、常習の場合は、3年以下の懲役、または2千万ウォン(約200万円)以下の罰金になる。 (中略)

 更に、「外為」の問題もある。韓国の「外国換取引法」には、「債権・債務を消滅・相殺する方法で外貨を決済する」行為を禁じている。この場合の罰則は、1年以下の懲役または1億ウォン(約1千万円)以下の罰金になる。ギャンブルで勝って大儲けをした場合でも、韓国入国時の問題もあり、現地のローリング業者に頼んで韓国国内で振り込みしてもらった場合も、「外国換管理法」で処罰される可能性がある。

 一見、違法行為には見えない海外遠征ギャンブルだが、韓国国籍の林選手には厳しい韓国法律が待っている。
(引用ここまで)

 ほほう、これは面白い。
 この記事に韓国は属人主義であるから海外における犯罪でも韓国国内法で裁けるのだという記述があったのですが、消えてしまっていますね。
 まあ、面白いと思ったのはそこではなくて。

 この法律、韓国では国外でギャンブルをしてもいいが負けるのは御法度であるというものなのです。
 要するに韓国国外で外貨を蕩尽させないための法律なんですね。
 以前にもばからしい企画をやった海外ロケ番組に対して「外貨の無駄使いをするとは……」という罵倒の声があったときに、ピンときたのですが。
 21世紀のいまになっても、韓国には「外貨の蕩尽」に対してどことなく背徳感があるのですよ。社会的に共通しているタブーのひとつとして。

 それをある意味において証明している話ではないでしょうかね。
 IMF管理下に置かれたときの恐怖もあるのでしょうが、それ以前の世界最貧国だった頃の記憶を呼び起こされるのかもしれません。
 日本にもこういうような民族性を反映している法律があるのでしょうが、そういうのは内側からは分からないもんですね。