【緊迫・南シナ海】フィリピンが韓国からFA50戦闘機導入 10年ぶり「戦闘機不在」解消も性能は…(産経新聞)
 フィリピンが韓国から購入したFA50戦闘機2機が28日、ルソン島のクラーク空軍基地に到着した。フィリピン軍は10年間にわたって戦闘機部隊が存在しない状態が続いていたが、中国との領有権争いが激しさを増す南シナ海情勢を反映した軍近代化の一環として導入された。

 FA50は韓国航空宇宙産業が製造し、2017年にかけて計12機が納入される。総額は189億ペソ(約492億円)。部隊編成後は、南シナ海を臨むスービック湾の飛行場に配備される予定だが、防空レーダー網などは未整備のため、どれだけ効果的に運用できるかは未知数だ。

 2機は28日早朝に韓国を出発し、済州島と台湾南部の高雄で給油。フィリピン空軍の操縦士ロランド・ペニャ中佐は「領域警備を行う上で画期的だ。より素早く現地に到達できる」と喜ぶが、FA50は練習機を基に開発されており、性能は高いとは言えない機種だ。(共同)
(引用ここまで)

 なるほど、こういう用途ならTー50(F/A-50)はぴったりかもしれませんね。
 すなわち……

 ・これまで超音速戦闘機を導入したことがない。
 ・目下、具体的な脅威が存在する。
 ・訓練機としてだけではなく、軽攻撃機として転用したい。
 ・将来的にはF-16クラスの戦闘機を導入したい。

 というような条件下であればT-50はそれなりの説得力を持っているんじゃないかなと。
 プチF-16であるわけですし。
 実際、フィリピン空軍はかつて中古のF-16を導入しようとしたのですが、パイロットの練度不足・フィリピン空軍の装備不足が理由でキャンセルしているという経緯があるのです。

 ただ、ネックは価格。
 12機で492億円。1機41億円。フィリピンにとっては高い買い物ですね……というか、上記の条件を満たすような国にとってはかなり高価な買い物になります。
 F-16の中古が買えて、かつ運用できるようであればそっちのほうがいいということになるんじゃないかな。

 フィリピンの場合は南沙諸島において中国という具体的な脅威があったのでそこそこの数を導入したのでしょうが、他の国では難しいかもしれませんね。
 そもそも上の条件を満たすような国なんてほとんどないような……。