【社説】交通渋滞を招く都心デモ、韓国国民はウンザリ(朝鮮日報)
 ソウル都心のソウル広場と光化門広場では、12月5日も大規模集会が予定されている。先月14日にソウル都心を大きく混乱させた「第1回民衆総決起」に参加した団体の多くが、今回は団体の名称だけを変えて再びデモを開催するわけだが、これではまさに「借名大会」と言っても過言ではない。彼らは「平和的な集会を行う」と表明しているが、前回のデモの際に参加者たちが覆面をかぶり、鉄パイプを振り回していたことから考えると、彼らの言葉を額面通り受け取るわけにはいかない。先日の暴力デモを率い、現在ソウル市鍾路区の曹渓寺にいる全国民主労働組合総連盟(民主総連)のハン・サンギュン委員長は、今もなお「民衆の力を見せつけてやる」などとデモを煽るようなメッセージを発し続けている。

 今回の集会は警察が一旦不許可としたが、裁判所が「違法行為に走るとは断定しがたい」との理由で許可したため、結局は開催されることになった。
(引用ここまで)

 警察が不許可としたものの、裁判所から許可が出てしまってけっきょく開催されることになったそうですよ。
 まあ……憲法で集会の自由は保証されちゃってるからなぁ……。

 とりあえずソウル市庁前広場のライブカム置いておきますね。



 17:30現在では画面左下に集まっているだけのようですが。
 旗が何枚かあるので、これかな。
 ま、これからどうなるかですね。セウォル号被害者が絶食デモをやっていたように、韓国でのデモのメッカである光化門広場のほうが本番かなーとも思うのですが。
 そちらはライブカメラが見つからなかったので残念。