10月の韓国の家計向け融資1兆円増加…借金で消費を増やしただけか(ハンギョレ)
 住宅担保融資とマイナス通帳融資が急増し、10月の銀行の家計向け融資残高増加額が歴代最高を記録した。 韓国銀行は11日に発表した「10月金融市場動向」資料で、先月末現在の銀行家計向け融資残高が1カ月で9兆ウォン(約1兆円)増加し、624兆8千億ウォン(約66兆円)に達したと明らかにした。 韓銀はこの統計を作成し始めた2008年以後で最多月間増加額であり、実質的には史上最大の増加幅だと説明した。 銀行の家計向け融資残高の増加幅は4月に8兆5千億ウォンを記録した後、7兆〜8兆ウォン台序盤の増加傾向を続けていたが、9月には6兆2千億ウォンに縮小していた。

 融資類型別に見れば、住宅担保融資が引越しシーズン需要とアパート分譲熱気に乗って7兆ウォン増えた。 今年4月(8兆ウォン)に次いで二番目に大きい増加幅だ。 ソウルの10月アパート取引量(1万1700件)は2006〜2014年10月の平均取引量(7500件)より56%多かった。

 マイナス通帳融資をはじめとする他の融資も先月に2兆ウォン増加した159兆ウォンで最大を記録した。 韓銀は「秋夕(<チュソク>中秋節)連休(9月26〜29日)とコリア ブラックフライデー(10月1〜14日)期間のクレジットカード使用にともなう決済資金需要のため」と説明した。 政府は第3四半期に前分期対比で1.1%増加した民間消費の回復傾向が続いているとしているが、その裏面を見てみれば消費の増加を借金が支えているものと見られる。 低利融資を通じた内需振興が、一方では家計負債問題を悪化させているわけだ。

 経済のもう一つの“雷管”と呼ばれる銀行の企業向け融資も先月末現在で729兆5千億ウォン(約77兆円)で単月で9兆3千億ウォン増えた。 これも昨年4月(9兆6千億ウォン)以来最多の増加幅だ。
(引用ここまで)

 韓国経済が抱える最大の爆弾となっている家計負債が、10月だけで9兆ウォン増加。
 そのうち、7兆ウォンは不動産融資。
 ハンギョレでは9兆ウォン=1兆円になっていますが、今日のレートだと9320億円くらいですかね。
 不動産融資の7兆ウォンだと7255億円。
 まあ、どっちにしても巨額の増加であることに変わりはありません。

 来年からは金融界からも、韓国政府からも不動産購入規制が入るので、最後の滑りこみということで今年いっぱいまで不動産バブルは続くのでしょう。
 韓国では資産の9割が土地建物の不動産
 個人資産でも7割が不動産。そしてリタイアした高齢者になると9割が不動産……。

 これまで個別の不動産がダメだったというような例はぽちぽちとあっても、韓国では不動産投資はもっとも儲かる手段だったのですよ。
 利息だけを返して、不動産価格が上昇したら売却して利益を確定。もしくは所持を続けてチョンセで一時金ゲット。
 で、さらにそのお金で倍プッシュして不動産購入。
 50年間で地価上昇が3030倍になった韓国では確実な投資手段だったのですよね。
 ……だったのですけどね。

 まあ、人口ボーナスが終了した国で、かつ経済成長率が2%台にしかならない国で、無理矢理に引き伸ばされてきた不動産価格がどうなるか。
 来年は注目ですね。
 しかし、この期に及んでも月額で史上2番目の不動産融資額か……。