今週、韓日関係に続く峠(中央日報)
この1週間、韓日関係に影響を及ぼしかねない状況が相次ぎ、外交当局の緊張も続いている。

靖国神社爆発音事件の容疑者として韓国人のチョン氏(27)が日本の警察の取り調べを受けている中で12日には在横浜韓国総領事館に日本の嫌韓団体が汚物を投げ入れる事件が発生した。この日午前、公館後方の駐車場で発見された横約35センチ・縦約25センチ・高さ5センチの箱には表面には「靖国爆破に対する報復だ」などと書かれていた。嫌韓団体である「在特会(在日特権を許さない市民の会)」の名義だった。箱の中には乾燥した汚物が入っていた。

両国の外交当局はチョン氏の逮捕後、日本国内で反韓感情を助長しようとする一部勢力の突発的な行動を警戒してきたが、憂慮が現実になったのだ。政府は今回の事件が実際の韓国公館に害を加えるというよりは見せもの的な性格が濃いと見ているが、これによって韓国内で反日感情に火がつく可能性もあると心配している。外交部は日本国内の公館警戒を強化しながら韓国民に安全留意を求めた。

その上、靖国神社爆発音事件の捜査も尋常ではない流れ方だ。チョン氏が調査される過程で日本メディアは過度な身上情報と捜査状況を流して世論を刺激している。これに対し外交部が日本側に抗議するとすぐに日本政府の報道官である菅義偉官房長官は「政府が流したのではなくメディアが勝手に報道したこと」と正面から返した。

チョン氏が再犯行のために爆薬物質を持ち込んだという日本メディアの報道もあった。韓国の出国手続きが不十分だったという問題提起だった。これに対し金浦(キンポ)空港を管理・運営する韓国空港公社は「チョン氏が所持していたビニールバックに入っていた黒い粉を精密検索し、火薬成分の反応は全く出てこなかった」と反論した。いまだにチョン氏が真犯人なのか、それなら動機や事件の経緯がどうなるのか事件の転末も明らかになっていない状況で両国がことごとく正面対立している様子だ。

15日には今年最後となる慰安婦被害問題解決のための韓日局長級協議が東京で行われる。李相徳(イ・サンドク)北東アジア局長と日本の石兼公博外務省アジアオセアニア局長が首席代表だ。

11月2日の韓日首脳会談で、できる限り早期妥結のために協議を加速化しようと合意しただけに今回の協議が年内解決の分岐点になる可能性が高いが、見通しは明るくない。韓国側は日本の法的責任の認定と誠意ある具体的な形での謝罪を要求している。だが日本は慰安婦被害問題は1965年の韓日請求権協定を通じて法的に解決されたという従来の態度を維持しており、人道主義的な次元での補償と謝罪程度ぐらいが可能という立場だという。外交界では年内妥結については否定的見解が多い。

17日には加藤達也・元産経新聞ソウル支局長(49)に対する裁判所の判決が予定されている。検察は朴槿恵(パク・クネ)大統領らの名誉を傷つけた罪(情報通信網利用促進・情報保護などに関する法律違反)で起訴された加藤元支局長に対して懲役1年6月を求刑した。当初ソウル中央地方裁判所の判決宣告日は先月に予定されていたが、裁判所が法理検討をもっとしなければならないという理由で宣告を延期した。

有罪か無罪か、有罪の場合は刑量程度などにより政治的な影響は避けられないというのが外交界の観測だ。外交消息筋は「無罪になる場合、韓国の検察が無理に起訴したという批判世論が国内や日本から出て、有罪が出てくれば日本では韓国が表現の自由と言論を弾圧する国家というふうに政治的攻撃をする素地が大きい。産経側としてはいっそ実刑になるよう願っているという噂が広まっている」と伝えた。ある日本のメディア関係者は「加藤元支局長は実際それほど著名なジャーナリストではなかったが、検察が起訴してから突然有名になった。帰国直後に日本の安倍晋三首相が彼に会って励ましながら右翼の英雄のように浮上した」と耳打ちした。外交部当局者は「韓日関係の本質とは直結する状況が違うが、両国間の関係が長い間行き詰っていたら波及効果を心配せざるをえない。ひとまず警察の捜査と裁判所の判断など状況の推移を慎重に見守らなければならないだろう」と話した。
(引用ここまで)

 旧来の日韓関係であれば、日本人がひいていたんでしょうね。
 で、これまでのように圧力圧力で押されていた。120%の要求をされて、80%を飲んでいた。
 それで外交的に勝ったかのように勘違いして、また120%の要求をされて……という繰り返し。

 道徳性で上に立つ韓国は日本になにをしてもいいのだという認識の下、そして日本人がかつて抱いていた贖罪意識の上でそういう構造が固定されていたのですよね。
 それを打破したのがかつてのゴーマニズム宣言であり、つくる会であったのですね。
 90年代後半だから20年近くになる感じですかね。昨今の朝日新聞が提唱してまったく流行ることのなかった「嫌中憎韓本」はその子孫というか、その思想を日本人が受け取った結果なのですよね。
 どれほど謝罪をしようとも、どれほど経済的に援助をしようとも許そうとしない。

 挙げ句の果てには「天皇は独立志士の前に跪いて謝罪しろ」だの「被害者加害者の関係は1000年経とうと変わらない」と国家元首が言いはじめて、日本人が匙を投げた。
 韓流だのなんだのって言われていたはずが、完全に潮流が逆転してしまったのですよね。

 韓国はやりすぎたんですよ。
 どう考えてもやりすぎた。
 でも、その状況の日本に対して、さらに韓国は反発をした結果が靖国神社爆破未遂事件であり、加藤達也前ソウル支局長の名誉毀損による起訴なのです。 
 
 いくら日韓が反目していたとしても、無辜の人々を殺戮しようとする韓国人はいませんでしたし、新聞記者が国家元首を揶揄しても名誉毀損で訴えられるようなことはなかった。
 今年中に発表されるであろう内閣府による「外交に関する世論調査」の調査時期がいつのものなのかはまだ分かりませんが、爆破未遂事件前後を問わず「韓国に親しみを感じない」とする割合はかなりのものとなるでしょうね。

 もう、日本人は韓国人をかつてのように許容できないし、韓国人はそうやって許容しなくなった一般の日本人を「右傾化した」と言いつのる。総体としての友好はありえませんわ。
 それは韓国人が望んだ姿であるのですけどね。

日韓対立の真相
武藤正敏
悟空出版
2015-06-19