【コラム】「3−3−3」の夢広げる平昌冬季オリンピック(中央日報)
今更だが、2年しか残っていない冬季オリンピックが開かれる地域の名前は、江原道(カンウォンド)の「平昌(ピョンチャン)」だ。ところでその地名を解いてみれば、偶然なのか必然なのか分からないが「平昌−平和の平、繁昌するの昌」、すなわち「平和と繁栄」だ。英語では慣用語に近い「peace and prosperity」となる。

先月30日にはオリンピック鉄道〔原州(ウォンジュ)〜江陵(カンヌン)〕の最も難工事だった大関嶺(テグァルリョン)トンネルの貫通式が行われた。総長さ21キロの国内最長トンネルだ。このトンネルの出口の村の名前が「屈免洞」。屈(洞窟、トンネル)もない村の名前が「屈免洞」なのだ。村の住民たちは先祖が未来を予言して村の名前をそんなふうにつけたのだと気に入っている。ところで実際の「屈免洞」は「転がることを免じた」という意味だという。屈免洞村の前には大関嶺を行き来した道がある。急な大関嶺が山々のふもとで平地に変わる所がまさに屈免洞だ。ここからは転がらずに楽に歩いたということだ。とにかく屈免洞の意味が何であっても長い間の歴史を通じて私たちの国土を東西に分けた大関嶺にすっきりと道が開けたのだ。

平昌冬季オリンピックまで、もう2年しか残っていない。江原道はオリンピックを行いながら「3−3−3」というスローガンを掲げている。

最初の3は、1人あたりの所得3万ドルを超えようというものだ。夏季オリンピックと違い、冬季オリンピックは先進国の祭りだ。冬季オリンピックは韓国が先進国入りするという宣言である。韓国が88オリンピックを行った時の所得が4570ドルだった。この期間は私たちの歴史の中で最も急激に経済成長を遂げた時期だった。ともに直選制改憲をはじめ民主主義の発展も同時に成し遂げた時期だった。それこそ躍動の時代だった。平昌オリンピックを機に韓国が政治・経済的な躍動性を回復しなければならない。それでいち早く3万ドル時代を切り開いて民主主義も拡大しなければならない。

2番目の3は、第3次産業だ。韓国の製造業すなわち第2次産業が困難を経験している。第3次産業の拡大と第3次産業への前進が必要かつ急務だ。第3次産業の核心が観光と文化、そして金融だ。平昌オリンピックは観光と文化を振興する直接的なきっかけとなる。大韓民国の観光・文化・芸術・公演インフラを拡大してグローバル化と先進化を推進する起爆剤になるだろう。同時に大韓民国を再び全世界に刻印させることになる。

3番目の3は、東洋の3国だ。2018年に大韓民国は平昌でオリンピックを開く。その2年後の2020年には日本の東京で夏季オリンピックが開かれる。再び2年後の2022年には北京で冬季オリンピックが開かれる。このように1つの地域で続いてオリンピックが開かれるのは初めてのことだ。今こそ東洋の時代が開かれるのだ。そして、その最初の扉を韓国が開く。江原道はこの3つの地域をつなぐ「オリンピックルート」を提案している。北京を出発して中国の琿春(高速鉄道)〜ロシアのザルビノ〜江原道の東海岸(船)〜日本の境港〜東京に至る道だ。そのボトルネックに位置する北朝鮮が参加すれば、はるかに効率的な交通網になるだろう。

オリンピックの準備は順調に進んでいる。今は競技場を作っているが44%の工程率を見せている。もう一方では競技運営と交通・宿泊・食事・観光・街路整備のようなさまざまな事を同時進行している。平昌オリンピックを世界最高水準で行いながら、国家の政治・経済・観光・文化・産業・スポーツのレベルを最大限引き上げることが私たちの目標だ。来年2月にはオリンピックのテストイベントとしてワールドカップ競技が行われる。世界的な選手たちのほかにメディア・スポーツの専門家たちが入国して競技をおこないながらオリンピックの能力を検証する。

平昌オリンピックはすでに始まっている。オリンピックを通じて私たちが手にする最高のプレゼントは「統合」になるだろう。私たちが持つすべての力を集めて当面の困難を克服し、国家と民族が一段階跳躍するきっかけになれることを信じて疑わない。平昌!平和と繁栄。

 崔文洵(チェ・ムンスン)江原道知事
(引用ここまで・太字引用者)

 普段はコラムの執筆者までは引用しないのですが、今日はやってみました。
 まあ、開催地の知事なのだから、こういう理念だけの現実に即していない話もありなのかもしれませんが。

 競技場の進捗が44%だという話。
 うーん、アルペン会場を見ても44%とは思えないなぁ……。

 ……実は明日16日から、平昌にあるアルペンシアリゾートでクロスカントリーのFar East Cupという試合が予定されていまして。
 FISのカレンダーにもあるのですが。
 日本のメディアはもちろん、英語メディアでもなんのアナウンスもなし。
 さらに韓国メディアを検索してもなにも情報なし(笑)。

 もうひとついうと、あのジャンプ台で来年の1月23日からなんかの大会がある模様。
 でも、改修の話題がなにも入ってきていないのですよ。同時期にノルディック複合もあるそうで……。
 他にフリースタイルスキー、スノーボードの大会もある模様。

 この15-16シーズンでは韓国の会場でいくつかの大会が行われていて、来シーズンはプレ大会。
 で、その次は本大会。
 ……そっか。