Jトラスト藤澤信義社長「韓国のためになることをしてきたのに…」(朝鮮日報)
 「私たちが韓国で悪いことをしているわけではないでしょう? 正直言って、最初は理解し難かったです」

 韓国で貯蓄銀行2行とキャピタル会社1社を経営する日系金融グループ、Jトラストの藤澤信義社長(45)が14日、ソウルのJTキャピタル江南本部で韓国メディアのうち初めて本紙とインタビューを行った。

 藤澤氏は、韓国プロ野球チームとのメーンスポンサー契約が不発に終わったことに無念さをにじませた。Jトラストは今年下半期、ソウルを本拠地とするネクセン・ヒーローズと年間110億−120億ウォン(約11億4000万−12億4000万円)規模のメーンスポンサー契約を推進し、締結直前までいっていた。だが10月、このことが知られると「貸付業にルーツを置く日系企業が韓国プロ野球チームのスポンサーになることは許せない」というファンの反発が強まり、契約は実現しなかった。最終的に、ヒーローズは先月、既存のスポンサーであるネクセンタイヤと3年契約を結んだ。

 Jトラストは2011年に貸付業者を買収して韓国市場に進出し、昨年初めにはさらに2社の貸付業者を買収したが、1社は昨年7月に債権管理会社に転換し、残り2社は今年10月に売却した。貸付業からは完全に手を引いたことになる。

 藤澤氏は「12年に破綻した韓国企業(未来貯蓄銀行)を買収して100パーセント雇用を継続し、現在は1000人を超える韓国人社員が働いている。総じて韓国のためになることをしてきたと思っていたので、Jトラストに対する反感は全く予想できなかった」と述べた。

 Jトラストに対する国民の反感は9月にも表面化した。女優のコ・ソヨンさんがJトラストのコマーシャルに出演したところ世間の批判を浴び、すぐに出演契約を解除したのだ。藤澤氏は「歴史などさまざまな問題が絡んでいるため、韓日の政府間の関係は良くないかもしれないが、経済をはじめとする民間分野では互いに協力し、活発に交流すべきであり、日系という理由で非難されるべきではない」と指摘する。
(引用ここまで)

 日系金融機関だからってわけでもないですけどね。
 韓国人は外国人が嫌いなんですよ。原則的に。

 ローンスターも2003年のカード大乱の余波で、同じように破綻寸前だった韓国外換銀行を買収したのですよ。
 んで、企業価値を高めて売却しようとしたら「そもそもの買収額が低すぎた」だの「脱税しただろ」だのなんだかんだといちゃもんをつけられて係争中。

 外国からの投資を求めるくせに、「国富が流出する!」だのなんだのでこうやって文句をつけるのです。
 特に金融関連についてその傾向が強いですね。
 戦後から綿々と受け継がれてきた「外貨を無駄遣いしてはいけない」という韓国人の意識が、いまだに行動に影を落としているのだと思います。
 
 もちろん、日系企業であることでさらにブーストされていることは間違いないですけどね。
 特に球団の胸スポンサーともなれば嫌悪感が出されてもしょうがないでしょう。
 そういうようなまともなスポンサー活動やメセナではなく、企業活動の本分だけをすることをおすすめしますわ。

 どうせなにをしようとも、最終的には「日系企業が韓国の国富を奪っているのだ」で終わりになるのですから。
 同じ文句を言われるのだったら、ばんばん稼いでいつでも脱出できるようにしておくのが最善手です。

 これは別に金融系に限ったことではなく。
 韓国の持つカントリーリスクとして日系企業はすべて認識しておくべき事実だと思いますよ。