課題山積の韓日関係、来年1−2月が慰安婦問題解決の好機(朝鮮日報)
慰安婦問題、こう着も=世論の後押し乏しく(時事通信)

 旧日本軍の慰安婦問題の解決を目的とする、11回目の韓日局長級協議が15日、東京で行われたが、結論が出ることなく終わった。

 これにより、朴槿恵(パク・クンヘ)大統領が強調してきた、慰安婦問題の「年内の解決」は現実的に困難になった。

 韓日関係の専門家たちは、来年に持ち越されることになった慰安婦問題解決の「ゴールデンタイム(好機、適期)」を、1月から2月の間とみている。この時期を逃せば、韓国の三一節(独立運動記念日)や、日本の島根県による「竹島の日」の記念行事(2月22日)、4月には靖国神社の春季例大祭や日本の教科書の検定結果の発表と、デリケートな日程が続くことになる。さらに4月13日には韓国の国会議員総選挙が、7月には参議院議員選挙が行われるため、両国ともに慰安婦問題をめぐる交渉には消極的にならざるを得なくなり、仮に交渉が行われたとしても、柔軟な態度を示すことは厳しくなるとみられる。韓国政府の関係者たちは「来年秋には、大統領選挙に向けた政局に突入することから、政権として慰安婦問題に集中するのはさらに困難になる」として、慰安婦問題の解決が次期政権に持ち越される可能性にも言及している。

 これにより、日本との関係において、歴史問題とそのほかの問題を切り離す「ツートラック」の方針はしばらく続く見通しだ。現在、ソウルと東京の外交関係者の関心事は、靖国神社内のトイレで爆発音が発生し、不審物が見つかった事件(先月23日)の容疑者として日本の警察に逮捕された韓国人の男に対する捜査の状況や、産経新聞の前ソウル支局長に対する韓国の裁判所の判決(今月17日)の結果だ。

 外交筋は「3年半ぶりに首脳会談が行われたことで、最悪の状況を脱した韓日関係が、靖国神社の事件や産経新聞前支局長に対する裁判の結果、再び急激に冷え込む可能性もある。慰安婦問題も重要だが、今両国が気を遣わなければならないのは、このような『地雷』をうまく避けることだ」と指摘した。
(引用ここまで)
日本政府内では、元慰安婦らへの人道支援を拡充する案が取り沙汰されているが、「日本の世論が『解決しろ』との声になっていない」(政府関係者)という環境下では、安倍政権も容易には踏み込めない。(中略)

ある外務省幹部は「この問題は無理して決着する必要はない」と述べ、解決を急がない姿勢を示した。
(引用ここまで)

 「ゴールデンタイム」というのはあくまでも韓国にとっての話であって、日本側の都合ではないのですよ。
 日本にとっては別にどうでもいい話題。
 解決が10年後だろうと100年後だろうと大差はない。
 そもそもが日韓首脳会談が開催される前には「年内こそがゴールデンタイム!」って言っていたんですけどね(中央日報記事

 よく言われることに「慰安婦問題を解決しないことには他の外交課題が解決しない」っていうことがありますが。
 ……日韓間の他の外交課題ってなんなんでしょうね。

 GSOMIAはもともと韓国が結びたがっていない。経済関係は日本にとっては黒字続きでさほど問題なし。
 TPP関連は韓国が解決したくないのならそれで問題なし。韓国側が再度結びたがっている通貨スワップ協定は日本にとってはどうでもいい話。

 「これが解決されないと困るだろ!」っていう具体的な話がまったく出てこないのですよね。
 特に日本にとって困ることがまったくない。かなり客観的になって探したつもりですが……本当になにもないんだよなぁ。

 言ってしまえば、このまま慰安婦が全員寿命を迎えて騒ぎが沈静化するのを待っても構わない。まあ、そうなったらそうなったで「仇を取るのだ」って発火しそうな気もしますが。
 それはそれで日本にはもはや関係ないことですしね。