裁判所、「加藤前産経支局長コラムは、朴大統領の名誉毀損 」(国民日報/朝鮮語)
裁判所が朴槿恵大統領の噂を扱った加藤達也(加藤達也・49)前日本のサンケイ(産經)新聞ソウル支局長のコラムが名誉毀損に該当すると判断した。ソウル中央地裁刑事合意30部は17日、名誉毀損の疑いで起訴された加藤前支局長の宣告公判で「噂の事実確認もせず、未必的に虚偽であることを認識していた点、大統領という人が事故収束専念せずに緊密な出会いを持ったというふうに述べた点などはサイン(私人)である朴大統領の名誉毀損が認められる」と明らかにした。裁判所は、「これは正弦朴槿恵の報道が公的 ​​関心事になることがあるという点を考慮しても同じ」と付け加えた。加藤前支局長は、昨年8月3日「パク・クネ大統領フェリー沈没当日行方不明...誰と会ったか」というタイトルのインターネット版コラムを介して、朴大統領が歳月号惨事の重大な状況で朴元大統領の前秘書室長ジョンユン回さんと密会をしていた疑惑を提起した。
(引用ここまで)

 とりあえず判決言い渡しがはじまって、裁判長から「産経新聞の記事は私人としてのパク・クネ大統領への名誉毀損にあたる」という理由が述べられたそうです。