K-POPグループの米入国拒否、理由は「売春疑惑」でなくビザ(AFP)
K-pop group was turned away at LAX for lying about reason for visiting U.S., official says(LA Times/英語)
韓国の女性アイドルグループ「Oh My Girl(オーマイガール)」が米ロサンゼルス(Los Angeles)の空港で拘束され、帰国を命じられた問題で、メンバーらが当時、就労ビザ(査証)を所持していなかったことが分かった。米紙ロサンゼルス・タイムズ(Los Angeles Times)が13日、報じた。

 9日にロサンゼルスの空港に到着したメンバー8人は、空港内で15時間にわたって拘束された末に韓国に送り返された。所属事務所のWMエンターテインメント(WM Entertainment)は、米国の入国管理当局から売春婦と疑われた可能性があると発表していた。

 しかし、米税関・国境警備局(Customs and Border Patrol)の当局者はロサンゼルス・タイムズの取材に対し、その可能性を否定。メンバーらは、韓国人がビザなしで米国に90日間まで滞在できる制度を利用し入国しようとしていたが、荷物から衣装や小道具が見つかったため、公演目的の訪問だということが明らかになったと説明した。メンバーらは、米国での公演に必要なビザ「P1」を所持していなかったため、入国を拒否されたのだという。
(引用ここまで)

 先日、「韓国人売春婦だと間違われて15時間拘束されて帰国させられたK-Popガールズグループ」というニュースがありましたが。
 実際には興行ビザを取得していないことが原因でした。
 んで、この15時間拘束されて……というのも、来たのと同じ航空会社の便で帰るというのが原則のため、15時間後の機に搭乗しただけということだそうで。

 最初のニュースの時点で、「売春婦扱いされた……っていうけどきっかけはそれでも、最終的にはビザを見られたからじゃないの?」って思ったのですよね。
 「派手なコスチュームを見られたから誤解された」ってありましたけども、そんな誤解はいくらでも晴らすことができるのですよ。「タレントで、これを着て興行するのだ」と言うことができれば。
 それができなかったのは興行ビザがなかったから、というオチ。

 LA Timesの記事では入管の担当者がインタビューを受けていて、「毎日やっているように、やっただけ。毎日、こうやって(違反者を)送り返しているのです」って話をしていますね。
 芸能関係の興業というものはマネーロンダリングにからむことも多いので、こうやってビザでの規制をしているのが世界のスタンダードなわけですが。

 これで彼らは「不法労働者」であると登録されて興行ビザも取りにくくなるし、ヘタをしたら観光すらできなくなると。
 バカですね。「アメリカでの興業」 にはそれほど縁もないでしょうから問題ないか。

バカの人 その傾向と対策
和田秀樹
ゴマブックス株式会社
2014-08-10