「当然の判決」「検察は控訴せず本件終結を」 前支局長が会見(産経新聞)
元外交官で作家の佐藤優氏談話 「被害者は日本側」「韓国政府側に焦り」(産経新聞)
無罪判決を受けた産経新聞の加藤達也前ソウル支局長は公判後、韓国に拠点を置く外国メディアで構成する「ソウル外信記者クラブ」(厳在漢=オム・ジェハン=会長)で記者会見した。加藤前支局長は「当然の判決であって特別な感慨はない。韓国の検察は控訴することなく、本件を終結させることを希望する」と述べた。

 会見には韓国メディアの記者も参加した。「無罪判決を予想していたか」との韓国人記者の質問に加藤前支局長は「事前に予想できなかった」と答えた。
(引用ここまで)
 当初、韓国側は「圧力をかければ産経新聞や日本はすぐに膝を折る」と安易に考えていたはずだが、産経新聞と加藤達也前ソウル支局長は真摯(しんし)に捜査と公判に応じてきた。そうした正論を述べる路線や、日本国と日本の報道が粘り強く対応したことで環境が変わった。(中略)

 ただし、間違っても「無罪判決が出てよかった」などと考えてはいけない。繰り返しになるが、起訴自体が無理筋であり、無罪判決は当たり前だからだ。今回の公判においては、被害者は産経新聞や加藤前支局長、日本側で、韓国側は加害者だからだ。 (中略)

 こうした姿勢をもって、韓国側は2つのポーズをとっている。一つは韓国国内向けのもので、「今回は特別な扱いをしただけだから、我慢してくれ」というもの。もう一つは日本向けのもので「特別扱いしたのだから、感謝しろ」というものだ。日本政府はこうした貸しを作ったかのように見せる韓国側の手に乗ってはならない。
(引用ここまで)

 煽っていく基本方針は評価する(イルベ風)。
 昨日の号外もそうでしたが、産経新聞と加藤前局長はこの訴訟を最大限に利用するべきですし、利用できる権利がありますよね。

 正直、無罪判決というのは意外というか想定外。
 多分に政治的要件を孕んだ判決でしたね。
 最初に「韓国外交通商部から圧力が加わった」という時点で「あれ?」という気にはなりましたが。

 韓国メディアだったら一も二もなくヘタれて謝罪→記事取り消しとかやっていたんでしょうけども。
 そして韓国政府もそれを期待していていたのでしょうけども。
 「セウォル号沈没事故を利用してまで韓国を悪し様に言う産経新聞をパク・クネ大統領がやっつけた!」というストーリーを見せたかったのでしょう。
 ついでに疑惑の7時間を追及するメディアは抹殺されるということも見せつけようとしたのでしょう。こちらは成功していますね。

 でも、日本のメディアはそうはならなかった。
 「名誉毀損で在宅起訴」になった瞬間、産経新聞と加藤前支局長は小躍りしたんじゃないかなぁ。内心で。
 韓国というものを世界に喧伝できる機会が生まれたわけですから。
 無罪になったことでその威力は多少は減じられましたが、そもそもの起訴自体がアレだったのですからねぇ。

 で、この判決を以て「日韓関係に好転の兆し」とか「日韓関係にプラスになった」というような論調があるのですが、そんなわけはないのですよ。
 佐藤優氏が言うように、元々が無理筋の訴訟が当然の無罪になったというだけで、なにかよいことがあったわけでもないのですから。
 マイナス10がマイナス20にならずに、マイナス8になっただけ。
 日本政府は韓国に「貸しがあるではないか」みたいに言われたとしても、原則を曲げることなく交渉していく根性が必要でしょう。
 管官房長官の午前会見も楽しみですね。

やぶへび
大沢在昌
講談社
2012-09-28