虚偽報道判決に反応示さない朴大統領、外交摩擦避ける狙いか(朝鮮日報)
朝日新聞主筆だった若宮啓文氏は「この問題と従軍慰安婦問題は別件だが、有罪判決が出ていたら慰安婦問題もさらに難しくなっていただろう」と言った。新潟県立大学院の浅羽祐樹教授は「レベルの低い記事だったが、だからと言って起訴するのは別の問題だ。産経新聞の事件で日本社会には『韓国は一段階低い国』と見下す傾向が強まったが、無罪判決でそうでないということが立証された」と語った。
(引用ここまで)

 もうちょっとこの名誉毀損事件のことを扱いましょうかね。

 今回の事件で日本社会に「韓国を一段低い国」と見下す傾向が強まった。
 だけども、無罪判決でそれがリカバリーされたというお話ですが。

 いや、大丈夫ですよ?
 心配しなくても、もう韓国はなんかおかしい国だということは日本人には浸透していますから。
 今回も民事の名誉毀損だったらおかしな話でもない。日本でもアメリカでもあることです。
 でも、刑事裁判になって在宅ながらも起訴されて、さらに出国禁止処分。
 おまけに大統領自ら処分を望むってしなければ成立しない罪状なのに判決まで至っている。
 その判決の場で「外交通商部から圧力がかかってる」って発表されてからの無罪判決。

 別にね、今回の名誉毀損だけってワケじゃないのです。
 世界遺産騒動でも、新日鐵や三菱重工への徴用賠償裁判でもそうですし、もちろん慰安婦問題でも同じこと。
 天皇謝罪要求も1000年被害者宣言も同様。
 靖国神社爆破未遂事件も同じ文脈で語れますね。

 これまでは「なんかどっかおかしな国っぽい」っていう印象だったものが、この1〜2年で「ああ、この国は民主主義国家として信頼できないんだな」ってことになっただけ。
 そしてその印象はもはや揺らがない。
 強固なものになっているのですよ。

 その証拠に日本の韓国に対する態度がどうなったか見てみたらわかるでしょ。
 今年の内閣府の外交に関する世論調査でも面白い数字が出ると思うのですけどね。