日韓請求権協定、韓国憲法裁が違憲性判断へ 23日に、半世紀前の合意“蒸し返し”(産経新聞)
 1965年の日韓国交正常化で締結された日韓請求権協定が、韓国人の個人請求権を「完全かつ最終的に解決された」と定めたことについて、韓国憲法裁判所は23日に、これが財産権を侵害し、違憲であるかどうかの判断を出す。21日に決定した。

 旧日本軍の軍属の遺族が2009年に「違憲」として訴えを起こしていた。違憲判断が出れば、日本に同協定改定を求める義務が韓国政府側に生じ、半世紀前に合意した日本の朝鮮半島統治の清算方式が、一方的に覆らされることになる。

 憲法裁判所は2011年に慰安婦と在韓被爆者の賠償請求権をめぐる憲法請願について、請求権協定をめぐる解釈の相違が日韓間にあるにもかかわらず、解決のための手続きをしないのは「韓国政府の不作為」であり、違憲とする決定を下した。「解決済み」とする日本とは膠着(こうちゃく)状態が続き、その後、韓国では集団訴訟などに発展した。
(引用ここまで)

 違憲であるとされても、合憲であるとされても面白いことになりそうですね。
 違憲であるとされたら、日韓基本条約からすべて否定。

 合憲であるとされれば、ちょっと前の徴用に関しての判決は無効。
 これは韓国で最高権威である「国民の意向」に沿うようなものにはなりそうにありません。
 「違憲状態である」みたいな言葉遊びで終わらせるのか、あるいは憲法裁判所の精神にそぐわないとして憲法判断を留保するか。
 ……その辺もなさそうかなぁ。

 もし、違憲判決が出たら「韓国政府はその判決に従って日本に対して条約改正を求めるなど働きかけをしなければならない」となるわけです。
 同じようなパターンは記事にもありますが、2011年の慰安婦問題に関するもの。
 あれが出てからイ・ミョンバクが極端な対日強硬政策に出るようになったのですよ。
 んで、その勢いで竹島上陸したもんで気がすっかり大きくなってしまって、「天皇は謝罪しろ」って発言につながったのですが。
 それと同じようなことが起きるんでしょうかねぇ。
 というか、違憲判決が出たらどうするかとかの選択肢を、韓国政府はピックアップしてるのかなぁ……。

 産経新聞の名誉毀損事件よりもこっちのほうが大きなイシューでありますね。
 今後の日韓関係を左右すると言っても過言ではないのですが。
 ま、実際にはどんな判決が出ようとも日本にはまったく関係なく、韓国の国内問題というだけなのですけども。
 条約が破棄されないかぎり、有効であるのは間違いないのですからねぇ……。

そういえばKindle版出てました。