経済副首相に側近の与党議員起用 5閣僚交代=朴大統領(聯合ニュース)
韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は21日、経済副首相兼企画財政部長官に与党セヌリ党の柳一鎬(ユ・イルホ)国会議員(60)を内定するなど、5人の閣僚を交代させる内閣改造を行った。青瓦台(大統領府)の金聲宇(キム・ソンウ)広報首席秘書官が発表した。

 社会副首相兼教育部長官や行政自治部長官、産業通商資源部長官、女性家族部長官も交代した。

 柳氏は政府系の韓国開発研究院(KDI)研究委員出身の租税・財政専門家。2008年に初当選して政界入りし、セヌリ党の政策委員会委員長や国土交通部長官などを歴任した。朴槿恵氏が大統領に当選した12年末から大統領に就任する13年初めまで、朴氏の秘書室長を務めた側近。

 金秘書官は「政府が進めている経済政策を成功に導き、景気活性化を推進していく適任者」と説明した。現経済副首相の崔ギョン煥(チェ・ギョンファン)氏に続き、官僚ではなく側近の与党議員を経済政策の司令塔に起用することで、朴政権の目玉政策の一つである経済改革を強力に進めていく狙いとみられる。
(引用ここまで)

 すでに辞任の意向を明らかにしていた、経済副首相兼企画財政部長官(日本の財務相に相当)が交代。
 外交通商部長官(日本の外相に相当)のユン・ビョンセにも交代の噂が出ていたのですが。
 しかし、我らの希望の光であるところのユン・ビョンセは留任したそうです。

 パク・クネの任期は残り2年ちょい。おそらく完走できるんじゃないでしょうかね。
 ま、考えてみれば痛々しいほどのイエスマンに徹していて、独自の意見なんてほとんどなし。
 たまに独自の意見を言ってみたら「韓国モテモテ! ヒューヒュー」みたいなバカな話しかしない人でしたから。
 元首と外相の意見が異なっていると外交的にやりにくい部分があるのですが、ユン・ビョンセが外相である以上はかなり楽。
 まあ、それはそれとして最後に退任する際には例のセレモニーはやってほしいですね。